1. ホーム
  2. 育毛基礎知識
  3. ≫【危険】女性用育毛剤の副作用 | ミノキシジル・アルコール他

【危険】女性用育毛剤の副作用 | ミノキシジル・アルコール他

危険
成分と効果一覧のページでもご説明した女性用育毛剤に含まれる添加物。今回はそこで紹介した添加物の副作用についてご紹介致します。

副作用の危険がある成分①アルコール

ミューノアージュ MUNOAGEのボトル

アルコール不使用
薬用育毛剤ミューノアージュ 詳細

 育毛剤に入った有効成分を溶かして染み込ませる作用、さっぱりとした使い心地や殺菌目的で配合されるアルコールですが、これが高濃度になると肌に負荷がかかります。

 女性は敏感肌や乾燥肌の方が多く、アルコールが含まれているが故に肌が荒れてしまったりかゆくなってしまうこともあります。また、アルコールにはタンパク質を分解してしまう性質があるため、頭皮の細胞を破壊してしまうんです。育毛剤を使って頭皮や毛髪の状態を良くしたいと思っているのに、逆にそれを破壊してしまっては本末転倒ですよね。

副作用の危険がある成分②エタノール

育毛ミストM-1のボトル

エタノール不使用
薬用育毛ミストM-1 詳細

 エタノールが配合された育毛剤を使うと、アレルギー反応が出てしまうことがあります。他にもかゆみや炎症が起こってしまうことも考えられるため、敏感肌の女性はエタノールが入った育毛剤を使用するのは避けた方が良いでしょう。
 普段は特段敏感肌でない女性も、月経前などになると肌が刺激に対して敏感になることもありますから、要注意です。
高濃度のエタノールが配合されている場合、皮脂を過剰に除去してしまうこともありますから、できればエタノールの入っていない女性用育毛剤を使用するのが良いでしょう。

副作用の危険がある成分③プロピレングリコール

マイナチュレ

プロピレングリコール不使用
薬用育毛剤マイナチュレ 詳細

 プロピレングリコールがアルコールの1つというのは成分と効果一覧でもご紹介しました。ミノキシジルが入った商品には必ず入っている成分で、ミノキシジルとセットと考えても良いでしょう。
これが入った育毛剤を使うと、頭皮のかゆみが発生する副作用が起こる可能性があります。

副作用の危険がある成分④フィナステリド

 フィナステリドは男性用育毛剤に含まれていることが多い添加物で、女性用育毛剤には殆ど含まれていない成分です。発毛に効果があるという研究結果がありますが、使用をやめるとまた抜け毛が増えてしまうという現象が起こることが多いようです。
 副作用としては、冷え性になったりすることもあるようです。妊娠中の方がフィナステリドを摂取すると赤ちゃんが先天性異常が生じる可能性もあると言われているため、注意が必要です。発毛効果があったとしても、副作用がある成分は積極的に摂取したくはないですよね。

副作用が怖いならアルコールフリーを選んで!

 このように、危険な副作用が発生する恐れがありますから、敏感肌やアトピーの方は特に、添加物を含まない商品を選びましょう。
アルコールフリーの育毛剤一覧