1. ホーム
  2. この悩みに効くのは?
  3. ≫薄毛女性の毛染め、どれくらい悪影響なのか検証してみた

薄毛女性の毛染め、どれくらい悪影響なのか検証してみた

髪染めのカラー剤
 薄毛が気になり始めると、できるだけ頭皮に負担をかけないように…と毛染めを控えたくなりますよね。確かに、毛染めは頭皮の負担になるイメージがあります。でも、白髪が気になるから毛染めはしたい…と悩んでいませんか?
 今回は、薄毛と毛染めの関連性、そして本当に毛染めが薄毛を進行させるのか、詳しくご紹介します。

毛染めは頭皮に悪影響?

ブローネの髪染め
 薄毛や抜け毛が気になる人にとって、毛染めは悪影響を与えるイメージがあります。確かに、毛染めをすることは頭皮へ負担をかけることになります。しかし、毛染めの種類にもよります。
 特にダメージを与えてしまうのは、ファッションカラーと呼ばれる毛染めです。ブリーチもNGです。ファッションカラーは、色を入れるだけではなく、元の髪の色を抜いています。この色を抜く行為が、頭皮や頭髪には大きなダメージを与えて、薄毛や抜け毛が進行するのです。髪の毛を染めると傷む、というのは、色を抜いているからです。

 色落ちは早いですが、頭皮へのダメージを考えるとファッションカラーではなく、ヘアマニキュアなど色を補充するだけの毛染めに変えてみることをおすすめします。トリートメントタイプで、色を補充できるヘアカラーも増えているので、できる限り負担をかけないヘアカラーを選択しましょう。

茶色に染める=薄毛が目立たない

いい香りがする女性
 薄毛や抜け毛が気になるから染めないのが一番、といえば確かにそうかもしれません。しかし、染めないと白髪や薄毛が余計に目立ちます。実は適度な茶色が一番薄毛を隠すことができるのです。黒髪だと地肌とのコントラストがありすぎて、分け目などが目立ちます。逆に白髪だと、頭皮とトーンが近いので、全体的に髪の毛の量が少なくて薄く見えるのです。
 気にしすぎるとストレスで余計に薄毛や抜け毛が進行する恐れがあるので、自分が気にしないためにも、ヘアカラーは必要だと思います。

薄毛も白髪もどうにかしたい!

マイナチュレ

白髪予防&育毛効果
マイナチュレ詳細

 毛染めを使うなら頭皮ケアを忘れずに!育毛剤でケアすることは、ダメージを受けた頭皮を回復させるために必要です。女性用育毛剤などの頭皮ケア商品を使うことで、毛染めのダメージを軽減させつつ薬用育毛成分などの栄養成分が補給できます。
 毛染めを使っている薄毛女性は、育毛剤を是非使ってみて下さいね!

おすすめ記事