1. ホーム
  2. 育毛基礎知識
  3. ≫毛深い女性は薄毛になりやすいって本当?

毛深い女性は薄毛になりやすいって本当?

体毛を剃るカミソリ
 「毛深いと薄毛になりやすい」という話は聞いたことありませんか?昔からよく言われている話なのですが、この仕組みは女性にも当てはまるのでしょうか。今回は、毛深いと本当に薄毛になりやすいのか、といった疑問について考えてみましょう。

毛深いと薄毛になりやすい、といわれる仕組み

 周りの薄毛で悩む人を思い出してみてください。毛深い人ほど薄毛になっているかも…と感じませんか?これは、男性の場合は確かに当てはまるかもしれません。毛深い人ほど薄毛の人が多いです。
 それはどうしてかというと、毛深い人は男性ホルモンが活発に活動しているからです。毛深いなら頭髪もしっかり生えてきてくれるのでは?と思いますが、毛は毛でも頭髪だけは残念ながら別なんです。

 頭髪は男性ホルモンのおかげではなく、女性ホルモンのおかげで生えています。そのため、男性ホルモンが多く活発になっている人は、女性ホルモンの働きが弱く頭髪が薄くなりやすい、ということなのです。

女性にはあまり関係ない?毛の濃さと薄毛の関係

薄毛や抜け毛に悩む男女
 最近でこそ女性の薄毛が注目されるようになりましたが、昔なら薄毛といえば男性の悩みでした。確かに女性の場合は、薄毛といっても髪の量が全体的に減ったり分け目が目立つようになるぐらいで、おでこが広くなったりする男性のような薄毛とは違いますね。

 女性の場合は、元々男性ホルモンは僅かで女性ホルモンが大半をしめています。そのため、毛の濃さと薄毛の関係はあまりないと考えていいでしょう。しかし、女性でも女性ホルモンが不安定になり男性ホルモンが活発になると、育毛に必要なBPMが減ってしまい薄毛になることがあります。結果、全く関係がないとは言えず「男性ホルモンが活発なら薄毛になりやすい」という説も捨て切れません。

男性ホルモンが活発になってしまったら

三省製薬のデルメッドDERMEDヘアエッセンス育毛剤

デルメッドは製薬会社ならではの独自薬用育毛成分CTP(6-ベンジルアミノプリン)でBMPの生産を活性化させます。女性ホルモン低下による薄毛に悩む女性に支持される女性育毛剤が、2,160円でお試しできます。
デルメッドのレビュー

 特に出産した後で女性ホルモンが不安定になっているときや、閉経後で女性ホルモンが極端に減ってしまったときなど、男性と同じ理由で薄毛になっている可能性もあります。昔より毛深くなってきた、など体毛量に変化がある場合は要注意です。

男女兼用育毛剤も視野に入れる

BUBUKA(ブブカ)のボトル

男女兼用&返金OK
ブブカ 詳細

 育毛剤を使ってのケアは、今や薄毛や抜け毛の改善には欠かせない存在になりました。女性用育毛剤は刺激の強い成分は無添加であることが多く安心して使用できます。ただ、薄毛の理由が男性と同じであれば、男性兼用の育毛剤を使ったほうが改善しやすい場合もあります。
 毛深いというだけで薄毛になるとは限りませんが、女性でも男性ホルモンが活発な状態が続けば、頭髪以外のところは毛が生えてくるのに、なぜか頭髪がさみしい…なんてこともありえます。毛深さと薄毛の関係を知り、適切なケアができるといいですね。