1. ホーム
  2. 育毛基礎知識
  3. ≫女性の薄毛は飲酒で悪化するって本当?血行が良くなるイメージだけど・・・

女性の薄毛は飲酒で悪化するって本当?血行が良くなるイメージだけど・・・

お酒(ビール)
 女性の薄毛というのは飲酒によって悪化してしまうとの噂が広まっています。女性の薄毛は飲酒で悪化してしまうのか、その真偽と噂されるようになった原因を探っていきます。

お酒で血行が良くなるはずが、逆に血行不良に!

 まず、飲酒で薄毛が悪化すると噂されるようになった原因の一つ目は、お酒に含まれている「糖分」。ビールや梅酒など、人気のアルコール類は糖分をたっぷりと含んでいます。
 糖分を過剰に摂取してしまうと糖分というのは血液の中で脂肪に変換されていき、そして脂肪に変化すると毛穴から皮脂が過剰に分泌されるようになり、以下の流れで薄毛になってしまうと考えられます。

  1. 過剰分泌された皮脂が毛穴をつまらせる
  2. 頭皮環境が悪化する
  3. 炎症・血行不良を起こす
  4. 頭皮に栄養が行き渡らなくなる
  5. 薄毛になる

飲酒で薄毛が悪化するのか?真偽とは

疑問
 飲酒で薄毛が悪化すると噂されるようになった原因の二つ目は、「肝臓への負担」。実は、コレが一番の原因であり、問題なんです。女性の美容のウィスキーやワインなど、糖質0のお酒であれば大丈夫でしょ?との考えは甘いですよ!

お酒を飲む = 薄毛を引き起こす成分の摂取

人体模型

 アルコールというのは体内に摂取することで、肝臓ではアセトアルデヒドに変化されます。そしてその後は酢酸へと分解されていきます。この時に十分に分解することができなかったアセトアルデヒドというのは血液の中に流れ込みます。
 アセトアルデヒドは過剰につくられると薄毛の原因となっているジヒドロテストステロンの生成を促進させてしまいますので、薄毛を悪化させてしまいます。

 大量のアルコールを摂取することによって、アルコールを分解するために必要な肝臓が激しく働いている状態になります。肝臓がアルコールの分解にばかり使用されてしまうと、髪の毛を作りだす材料である「システイン」「メチオニン」という髪の毛を作るうえで欠かすことができないアミノ酸を生成することが出来なくなってしまうのです。


システインなくして健康な髪の毛やお肌はない!

女性の髪の毛

 髪の毛だけでなく、シミを薄くする美白においても効果を期待することができる成分であることが良く知られています。システインはタンパク質からできていますが、その大半はケラチンが占めています。このシステインとアミノ酸とが組み合わさることでシスチンが作られます。

 システインが2つ結合することで作られるアミノ酸ですが、髪の毛をシステインは髪の毛を形作るうえで欠かせない成分です。ハサミで切るとすぐに切断できますが、引っ張ってもなかなか切れないのはそれだけシステインがしっかりと結合しているからです。
 つまり、システインが不足すれば当然髪の毛の状態というのはちぎれやすく、弱い髪の毛になってしまうのです。髪の毛が切れやすく細くなってしまえば、当然頭皮がうっすら見える薄毛になってしまいます。

飲酒は肝臓に負担をかけるのは周知の事実ですが、髪やお肌にも影響を与えるということが分かりますね。抜け毛や薄毛を予防したいなら、飲酒は普段から控えめにしましょう。