1. ホーム
  2. 育毛基礎知識
  3. ≫養毛剤とは?育毛剤と違いを比較して分かった事

養毛剤とは?育毛剤と違いを比較して分かった事

養毛剤 VS 育毛剤
 女性用の育毛剤・養毛剤を見かける機会が増えてきましたが、皆さんは養毛剤と育毛剤の違いをご存知でしょうか?「育てる」も「養う」も言葉をが持つ意味に大きな違いがないので「中身は同じでメーカーによってネーミングを使い分けてるだけだろう」なんて思い込んでいませんか?
 実は、養毛剤と育毛剤を比較すると効果効能に違いがあるんです。なので、用途に応じて使い分けることが大切です。ここでは養毛剤と育毛剤の違いについて比較して説明していきます。

比較①育毛剤は医薬部外品、養毛剤は…

 まずは分類上の違いについて。パッケージなどを比較すると分かりますが、養毛剤の殆どがヘアケア化粧品なのに対して、育毛剤の多くは医薬部外品に分類されています。

 医薬部外品という言葉はスキンケア商品などでも良く見かけると思いますが、薬事法で定められた分類で医薬品と化粧品の中間に位置するもので、別名「薬用」とも言います。
 医薬部外品として厚生労働省に認可されるには、製品中に一定の濃度以上の有効成分が含まれていなければなりません。つまり、育毛剤には、厚生労働省に認可された有効成分が一定濃度以上含まれている物が多いということなんですね。育毛剤というのは、薄毛や脱毛で悩む人のために特化して作られた高成分の薬用品といっても良いでしょう。

 では、養毛剤とは何か?養毛剤というのは、その多くがヘアケア化粧品に分類されています。要するに、薄毛に効果があると国が認めている成分を含んでいない可能性が高いということです。

比較②養毛剤と育毛剤の効果効能の違い

 養毛剤は、医薬部外品の多い育毛剤と比較すると成分効果が緩やかですので、主な目的は現在生えている髪の保護と地肌の健康を保つことです。現状キープが主目的ということですね。女性の肌と髪質に気を配りながら、脱毛を抑制する保湿成分、皮脂の分泌をコントロールし、フケの発生を抑える成分など、髪や地肌に有効な諸成分をバランスよく配合しているのが、養毛剤なのです。

 一方の育毛剤の効果効能は多岐にわたっていて、頭皮に栄養を与えて新しい髪が生えやすい地肌環境を整える(発毛促進効果)、毛細胞を活性化して代謝を高める(育毛効果)、細くなったり艶がなくなったりした髪に栄養を補給してボリュームを与える(養毛効果)、地肌を保護し脱毛を抑える(脱毛予防効果)など、髪を生やす、髪を育てる、ボリュームを増やす、抜け毛を防ぐといったヘアケアの全ステップに効果を発揮します。

違いを比較して分かった事

  • 養毛剤は化粧品、育毛剤は薬用が殆どであること
  • 薄毛への効果を求めるなら育毛剤を使うこと
  • 頭皮のスキンケア効果を求めるなら養毛剤を使うこと

このように、養毛剤と育毛剤とでは成分の濃さが違います。現状、髪を増やす必要には迫られていなくて、髪の保護や地肌の栄養促進、脱毛予防といったことが目的であれば、養毛剤を用いるのがお勧めです。一方、脱毛が気になる、髪が細くなってきた、髪にコシなくなってきた、分け目が目立つようになってきた、といったふうに、既に気になる状態にある方は、発毛・養毛効果を併せ持った育毛剤の使用がお勧めです。