1. ホーム
  2. この条件で効くのは?
  3. ≫医薬品 vs 医薬部外品(薬用)効果と副作用 | 女性用育毛剤比較

医薬品 vs 医薬部外品(薬用)効果と副作用 | 女性用育毛剤比較

薬品
 今回は、医薬品・医薬部外品(薬用)の育毛剤についてご説明していきます。「薬用だったら安心だし効果も抜群」と完全に信用してしまうのは危険です。何故なら、薬用=副作用が生じる場合だってあるのですから。今話題の育毛成分・ミノキシジルなどの副作用などについても詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

医薬品と医薬部外品と化粧品の違い

 そもそも、医薬品と医薬部外品、そして化粧品の違いとは何だろう?と疑問に思っている人も多いと思います。医薬品・医薬部外品の育毛剤についてご説明する前に、簡単にではありますがそれぞれの違いについてご紹介致します。

医薬品の効果と副作用

大正製薬 リアップリジェンヌ

医薬品女性用育毛剤
大正製薬リアップリジェンヌ 詳細

 薄毛や抜け毛に効果・効能があると厚生労働省が認めた「医薬育毛成分」が一定以上配合されている製品が「医薬品」です。医師の処方が必須となることもあり、「薬」ですので副作用も当然発生する危険も高くなります。
 処方箋なしで買える医薬品女性用育毛剤は2つあります。1つは大正製薬のリアップリジェンヌ、もう1つはアメリカのフェザー社のロゲインです。ロゲインは国内では販売されていないので個人輸入する必要があります。

医薬部外品(薬用)の効果と副作用

ベルタ

低刺激&返金OK
ベルタ 詳細

 厚生労働省が認めた「薬用育毛成分」が一定以上配合されている製品が医薬部外品、及び薬用品です。医薬品同様に効果や効能が確認されてはいるものの、「治癒」より「予防」に近い商品を指します。医師の処方は必要く、製薬会社や薄毛専用サロンなど豊富な種類の中から選ぶことができます。気軽に購入することができ副作用も少ないことから、薬用タイプのものが人気となっています。

化粧品の効果と副作用

 上記の厚生労働省が認めた育毛成分を配合していないのが化粧品です。ただ、配合することができない成分などについてはきちんと定められており、副作用は少ないです。2001年の規制緩和によって、化粧品を売り出すのに厚生労働省の許認可が必要なくなったことから、メーカー判断によって開発が可能となりました。育毛スキンケア用品やメイク用品、シャンプーなど、一般に流通しているもの多くが化粧品です。

医薬品育毛剤のメリットとデメリット

医薬品育毛剤のメリット

 医薬品育毛剤のメリットと言えば、第一に前項目で述べたとおり「効果効能が証明されている」ということを上げることができます。臨床試験において育毛・発毛効果が確認できていることから、絶対に育毛・発毛効果を早く得たい・確実性が高い育毛剤を使いたいという人にはオススメです。

医薬品育毛剤のデメリット

 医薬品ですから、当然副作用があります。副作用のある育毛成分として広くしられるのは「ミノキシジル」です。
 ミノキシジルは育毛・発毛効果が証明されている医薬成分ではありますが、血管を広げて血液の循環を良くし、発毛を促進する効果があることから、心臓や血管に負担がかかってしまい血圧が低下してしまったり、皮脂の分泌が過剰になることから肌荒れやニキビができてしまったりすることもあります。また、毛髪だけでなく他のところも毛が濃くなってしまうことも(多毛症)。他にも妊娠や授乳に影響を及ぼすこともわかっています。

 副作用以外のデメリットとしては保険適用外であるため価格が高い点と、効果が出る分使うのをやめると薄毛が再発してしまい、ますます薄毛が目立ってしまう点などがあります。

医薬部外品の育毛剤のメリットとデメリット

薬用育毛剤のメリット

 医薬品育毛剤に比べて価格が安く、ドラッグストアや通販で気軽に買えるのが一番の魅力です。薄毛で病院へ行くのはハードルが高いですからね。通販なら人と会うことなく女性用育毛剤を購入することができますし、育毛効果がなければ返金してくれる薬用育毛剤もあります。
返金保証がある女性用育毛剤一覧 >
安い女性用育毛剤ランキング >
 また、医薬品の育毛剤と違って副作用が少ないというメリットがあります。効き目も穏やかであるため、医薬品のように使用を中止したとしてもすぐに薄毛が目立ってきたりする心配はないと言えるでしょう。

薬用育毛剤のデメリット

 医薬品育毛剤と比較すると効果が出るまでに時間がかかることがあります。また、医師に診察してもらえるわけではないので、自分がどの薄毛タイプなのか分からない為、育毛剤選びに失敗しやすいです。

 まず、【選び方】あなたに効く育毛剤はどれ?を参考に自分の薄毛の原因を知り、返金保証のある女性用育毛剤をいくつか無料で試してみましょう。
 
 男性と違って、女性の薄毛は治りやすいんです。重要なのは、自分に合う育毛剤を見つけること。どんな育毛剤も人によって向き不向きというのがあります。ですから、医薬品・医薬部外品ということに拘ることなく、自分に合った育毛剤を選択することが大切になります。