1. ホーム
  2. この悩みに効くのは?
  3. ≫女性の薄毛と生理不順の関係 | 改善の鍵は女性ホルモンのエストロゲン

女性の薄毛と生理不順の関係 | 改善の鍵は女性ホルモンのエストロゲン

生理不順の女性
 女性の薄毛も生理不順も「女性ホルモン」が大きく関係していることはご存知の通り。ところが生理不順は女性特有の症状で受診するのは婦人科、薄毛は男女共通の症状で受診するのは皮膚科ですから、女性の薄毛と生理不順については直接的に言及されることがありませんでした。
 女性の薄毛には様々な原因が関係していることは皆さんもご存知だと思います。よく言われるのが、ホルモンバランスの乱れやストレス、食生活の乱れなど。そうした心身のアンバランスが頭皮の血流を悪くし、育毛の妨げになることはよく知られています。その中で、あまり知られていない生理不順と女性の薄毛の関係についてお話ししていきます。

女性の薄毛と生理不順の関係

 気になる女性の薄毛と生理の関係ですが、まずご自分のことを考えてみてください。生理は順調ですか?
 薄毛に悩む女性に尋ねると、「生理がこない」「生理周期がバラバラ」「生理が短い」など生理が順調ではないといった答えが多い傾向にあります。10代~20代の若い女性にも多い生理不順ですが、中でも薄毛率が高いのが、産後・授乳中の生理不順と更年期の生理不順です。

産後・授乳中の生理不順と薄毛の関係

赤ちゃんとママ
 産後と薄毛は切っても切れない関係ですが、深刻な薄毛に陥る女性に多いのは「産後に中々生理がこない」「産後の生理が不安定」など、産後の生理不順を同時に発症しているケースです。
 産後の生理不順は、産後子宮の回復に時間がかかっている、妊娠後期以降減り続ける卵胞ホルモンである『エストロゲン』の量が回復していない、といった原因が考えられます。また、授乳中は排卵を抑えるホルモン『プロラクチン』が盛んに分泌される関係から、断乳してから三か月、出産から1年ほど生理がこない場合は受診をおすすめします。

  • 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボン入りの育毛サプリ

    サプリで女性ホルモン補充
    エストロゲンと酷似した働きをする大豆ソフラボンと育毛成分を配合した売れ筋サプリ。効果が無ければ返金OK

  • 産後の女性におすすめの育毛剤、マイナチュレ

    育毛剤で直接刺激
    妊娠中・授乳中に使える希少な無添加育毛剤、マイナチュレ。@コスメの人気は常にトップクラス!効果が無ければ返金OK

更年期の生理不順と薄毛の関係

更年期の40代の薄毛・抜け毛に悩む女性
 更年期の女性=薄毛と言っても過言ではないほど薄毛率が高いのが閉経前後の10年です。女性ホルモンが減るイメージがしやすいことから、更年期は薄毛と結び付けやすいですね。閉経の平均年齢は50歳で、更年期による生理不順は40代に入ってから増加傾向にあります。
 更年期の生理不順は産後の生理不順同様、排卵を促すホルモンであるエストロゲンの分泌量低減が大きな原因となっています。また、男性ホルモンに変化し、女性らしさを失わせる性ホルモン『テストステロン』が更年期に増加する関係もあり、更年期の女性の生理不順と薄毛は深い関係にあると言えます。

  • 更年期の女性におすすめの育毛剤、三省製薬のデルメッド

    育毛剤で直接刺激
    女性ホルモンの低下に効果的な三省製薬の育毛剤です。2,160円の本格ケアは更年期の女性に圧倒的に支持されています。

  • 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボン入りの育毛サプリ

    サプリで女性ホルモン補充
    更年期のホルモンバランスの乱れには内側から女性ホルモン補充ケアがおすすめ。効果が無ければ返金OK

生理不順と女性ホルモンの関係

 女性ホルモンが減るということは、女性に薄毛の大きな要因であるということは先述の通り。骨や肌、髪の成長を促進し、毛根の活動を維持してくれる女性ホルモンが減少すると、毛は抜け落ち、新たな発毛も見られなくなります。
 一方で、生理不順を引き起こすのも、女性ホルモンのアンバランスです。女性ホルモンというのは20歳から25歳くらいをピークに、その後分泌量が減少していきます。そして、閉経を迎える45歳~55歳頃の更年期には女性ホルモンの分泌も大幅に減っている状態です。

 つまり、生理不順が薄毛を引き起こしているというより、生理不順も薄毛も女性ホルモンのアンバランスが引き起こしている、ということになります。生理不順というのは、目に見えて分かりやすい女性ホルモン欠如のシグナルなのです。

生理不順による薄毛を改善する方法

 生理不順も薄毛も女性ホルモンの低下によって引き起こされているのですから、改善するには女性ホルモンを増やす必要があります。ホルモンバランスは生活リズムの改善や食生活の見直しで整えられます。

大豆製品でエストロゲンを増やす

 薄毛を引き起こす女性ホルモンとは基本的にエストロゲンを指しますから、エストロゲンと同じような効果を持つ豆腐・豆乳など、イソフラボンが豊富な大豆食品の摂取をおすすめします。
 大豆製品と髪の育成に必要な栄養素を安定的に摂取できる育毛サプリはエストロゲン活性化で生理不順、敷いては薄毛に効果的です。

  • 大豆

    女性の薄毛にお豆腐などの大豆製品は効くのか?女性の薄毛とイソフラボンの関係ををご紹介します。

  • 生活環境の見直し

     ストレスで自律神経が乱れてホルモン分泌がコントロールできず生理不順になったり、睡眠不足により必要なホルモン分泌が不足したり、生理不順と薄毛は女性ホルモンだけが問題ではありません。

  • ベッド

    睡眠の質が悪いことと女性の薄毛の関係、改善の鍵となるセロトニンについてお話していきます。

  • 薄毛に悩む女性

    女性の薄毛とストレスの関係、改善方法についてお話ししていきます。

  •  女性ホルモンの代用品である大豆製品を毎日の食生活に積極的に取り入れると同時に、ジャンクフードやファストフードなどは極力生活から排除するようにしましょう。
     こうした食品は油分、脂肪分が多くて血液を濁らせてしまうので血行が悪くなってしまいます。生理不順も薄毛も血流の沈滞によって悪化しますので、生き生きした髪と快適なバイオリズムを手に入れるには、血液をドロドロにする食品は出来るだけ近づけないようにすることが大切です。