「最近なんとなく分け目が目立つ気がする」とか「鏡で見る頭頂部のボリュームが減った気がする」といったことが気になり始めたら、それは薄毛の始まりのサインかもしれません。

女性の薄毛というとなんとなく老けた印象やお手入れ不足といったマイナスイメージを持たれがちです。ここではそんな女性ならではの薄毛についてセルフケアや美容クリニックでの薄毛治療まで徹底解説します!

現在薄毛の症状が気になる方も、これからの薄毛予防の参考にしたいという方もぜひゆっくりごらんくださいね。

女性の薄毛とは?

女性の薄毛の特徴は全体的に髪の量が減り薄くなることで、男性の薄毛に特徴的なM型やO型といった生えぎわの後退や範囲の広い脱毛斑(髪の毛が抜け落ちて喪失している部分)はみられないことが多いです。

また、男性の薄毛の原因は男性ホルモンによることがほとんどですが、女性の薄毛の場合は最近は20代でも薄毛に悩む方は増えていて、原因の多様化が進んでいます。そんな女性の薄毛の原因としては、おもに以下のようなものがあげられます。

  • 加齢による女性ホルモンの減少や老化
  • ストレスによる男性ホルモンの増加や血行不良
  • 過激なダイエットによる栄養不足
  • 低用量ピルの服用や出産によるホルモンバランスの変化
  • 間違ったヘアケアやシャンプー
  • 紫外線や乾燥による外的刺激

他にも皮膚の病気によるものや遺伝的な場合もあり、皮膚科でも原因を調べるだけでも時間がかかることが多いです。

そんななかで女性の薄毛の原因の大部分を占めているのが「加齢による女性ホルモンの減少や老化」です。ここからくわしく見ていきましょう。

女性の薄毛と加齢の関係

女性の薄毛と老化

「老化」というとあまり良いイメージではないかもしれませんが、だれでも生まれた瞬間から始まっているのが老化。老化の影響は体全体に及びますが、髪の毛ももちろんその例外ではありません。

加齢による老化は体全体の血行不良や頭皮の硬化をまねくと言われています。すると髪の毛を生やす細胞にうまく栄養がゆき渡らずに、髪の毛の成長が遅れたり抜けやすい頭皮環境になることが考えられます。

髪の毛の老化現象は早い方で30代から始まり、40代後半で自覚される方が多いようで、実際クリニックに相談に来られる方の大部分が40代でした。そんな方々の自覚症状を伺うと

  • 髪全体のボリュームが減った
  • 髪が細くなった
  • 髪にうねりやクセが出やすくなった
  • 髪のハリやコシが減った
  • 白髪が増えた

といった声が多く聞かれました。そしてこれらの症状は単体ではなく複合的に出ることが多いことも老化による薄毛の特徴と言えます。

さらに、老化による薄毛の症状という観点で見ると女性のみではなく男性にも当てはまりますが、女性ならではの加齢による薄毛にはもうひとつ重大な原因がありますのでそちらを見ていきましょう。

女性の加齢によるホルモンバランスの変化と薄毛

女性の髪の毛の成長にとって欠かせないのが「エストロゲン」という女性ホルモンです。このエストロゲンは「卵胞ホルモン」とも呼ばれ、卵巣から分泌され妊娠を継続させるためのホルモンです。

主な働きは妊娠継続のために子宮の壁を厚くしたり乳腺の発達をうながすことですが、そのほかにも肌や髪の状態を良好に保つことや自律神経を安定させることから「美肌ホルモン」なんて呼ばれることもあります。

そんな髪の毛にとっても重要なエストロゲンですが、本来の働きが妊娠継続のためなので、分泌量は20代なかばから30代前半でピークを迎え、40代になると急激に低下します。閉経をむかえる頃(更年期)には分泌量はピーク時の30%ほどに減るというデータもあります。

エストロゲンが減少すると、髪の生成に必要なコラーゲン量が減り髪の成長が遅くなったり成長期間が短くなることや、頭皮の血行不良により髪の毛の栄養不足をまねき薄毛の症状につながりやすくなってしまうのです。

この更年期前後にみられる薄毛の症状はFAGA(Female AGA 女性男性型脱毛症)とよばれており、女性ホルモンの乱れに原因があることがはっきりしています。

女性の薄毛にオススメ!セルフケアを始めよう

ここからは、すぐに始められる女性のための薄毛セルフケアについて紹介していきます。現在薄毛にお悩みの方も、薄毛予防のために何か始めたいという方もご自身に合った方法をできるところからぜひ始めてくださいね。

女性のための薄毛セルフケアに効果的なことは以下があげられます。それぞれくわしく見ていきましょう。

  • シャンプー剤やシャンプー方法の見直し
  • 育毛剤の使用
  • 生活習慣の見直し

シャンプー剤やシャンプー方法の見直し

シャンプー剤の見直しを

あなたは今現在お使いのシャンプーをどういう基準で選んでいますか?「CMや雑誌などでみてよさそうだった」とか「1度使ってよかったからリピート買いを続けている」などさまざまな選び方があると思います。

しかし、あなたが薄毛対策や予防をしたい!と思っているのならば、これからは「頭皮環境を良好に整えるためのシャンプー」を選ぶようにしましょう。というのも市販のシャンプーのなかには頭皮環境を悪化させてしまうものもあるからなんです。

女性の薄毛の原因のなかに加齢による頭皮環境の悪化があげられることは先ほど書きましたが、シャンプーによる頭皮環境の悪化もクリニックの診療現場でよく見られます。

実際にシャンプー剤が原因で脱毛症を引き起こす場合もあります(くわしくは<脂漏性(しろうせい)脱毛症は女性にもみられる脱毛症!原因や対策法とは?>をごらんください)ので、たかがシャンプーとあなどってはいけません!

健康な髪の毛が育つにはやはりベースとなる頭皮が重要です。農作物を育てる畑と一緒で髪の毛は土台の環境に左右されやすく、頭皮の環境を良くするだけで薄毛が改善することもあるんですよ!

実際の頭皮環境改善のためのシャンプー剤の選び方やシャンプー方法の具体的な見直し方は<頭皮のかゆみ徹底解説!女性の頭皮トラブル原因と改善法>にくわしく書いていますのでこちらをぜひごらんください。

また、皮膚科クリニックでの診察時によく「育毛シャンプーって効果があるの?」とか「抜け毛を予防できるシャンプーはありますか?」といった質問をうけることがありました。

みなさんも気になるでしょうが、「シャンプー剤に直接的な育毛や抜け毛予防効果は期待しないほうがいい」というのが答えです。

シャンプーはあくまで髪や頭皮の汚れを落とすためのものであって、育毛剤などとは全く目的が違います。シャンプーに育毛成分が配合されていたとしても、汚れとともに洗い流すので効果は期待できないでしょう。

ですのでシャンプーには「頭皮環境を整えて健康な髪の毛が生えやすい状態をキープする」ことを期待しましょう。

育毛剤の使用

それでは積極的に薄毛のケアをするには何がいいの?と思われた方もいらっしゃるでしょうが、やはり育毛や抜け毛予防には育毛剤の使用をオススメします。

女性向けの育毛剤の数はとても増えていて、ドラッグストアやネットなどでも簡単に手に入るようになりました。ただその分何を選んだらいいのかわからないという方のために、女性の薄毛対策としての育毛剤の選び方を書きますね。

育毛剤のスタートには「医薬部外品」を!

育毛剤のスタートには「医薬部外品」を!

「育毛剤」とひとことに言っても、実は成分や効果の違いから「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分けられています。期待できる効果の高い順に書きましたが、あえて「医薬部外品」をオススメするのには理由があります。

まず「医薬品」ですと医師の診断や薬剤師の指導が必要で、今日からはじめよう!と思ってもすぐにはじめられませんし定期的な通院が必要です。また医薬品は有効成分の含有量が多い分副作用が出る場合があり、注意が必要です。

そして「化粧品」の場合は安価なものが多く買いやすい反面、育毛や抜け毛予防が期待できる有効成分は入っていません。多くのものが保湿メインの製品のため乾燥対策にはオススメですが、薄毛ケアとなるとちょっと物足りないと言えるでしょう。
そこで今日から女性の薄毛ケアを始めるのにオススメなのが「医薬部外品」です。国に認められた安全な有効成分が一定量以上配合されており(配合量が少ないと医薬部外品としては認められず化粧品扱いになります)、長期間続けて使用することが可能です。

ちなみに薬事法の分類では医薬品は「発毛剤」、医薬部外品は「育毛剤」、化粧品は「養毛剤」と分類されていますのでこちらも製品選びの際の参考にしてくださいね。

生活習慣の見直し

シャンプーや育毛剤で直接外側からのアプローチをすることとともに重要なのが、体の内側から薄毛対策ケアをしていくことです。

女性の薄毛の原因としてはホルモンバランスの乱れがあげられますが、ホルモンバランスを整えるためには以下のような生活習慣の見直しが必要です。

睡眠の改善

皮膚のターンオーバーや髪の成長は睡眠中に主に行われています。そのため睡眠不足や入眠時間のバラつき、ブルーライトによる睡眠の質の低下などは髪の成長に悪影響があると言えます。

髪の成長のためには寝る2時間前にはブルーライトを遮断し、成長ホルモンがたくさん分泌される寝入りから3時間の「睡眠のゴールデンタイム」を有効に利用できるといいですね。

食生活の改善

全身の栄養状態はそのまま髪の健康状態に影響します。「髪の成長にはワカメがいい」と昔から言われていますが、いくらいいものでもそればかり食べればいいというものではありません。

大切なのはバランスです。手軽に摂れるからとパスタや総菜パンばかりでは炭水化物過多になってしまいますし、外食やインスタント食品を摂りすぎると塩分過多による体への悪影響も考えられます。

和食は栄養バランスよし

理想は3食決まった時間に栄養バランスよく、和食中心の塩分控えめな食事をすることですが、なかなか難しいですよね。そこでまずはご自身の食生活を1週間ほど記録することをオススメします。

そしてまとめて振り返ってみて、外食の回数や食事内容など改善できる部分を少しずつ改善してみてはいかがでしょうか?ストレスにならないようできるところから少しずつ始めて習慣にすることが大切ですよ。

クリニックで受けられる女性の薄毛治療とは?

女性の薄毛の悩みはなかなか人に話せないし、クリニックに行くのも勇気がいるものですよね。ここでは実際にクリニックではどんな治療が行われているのか、治療内容や費用などを紹介します。クリニックでの治療が気になる方は参考にしてくださいね。

内服薬

内服薬

パントガール(pantogal)
ビタミンB1、パントテン酸カルシウム、薬用酵母、L-システン、ケラチン、パラアミノ安息香酸といった健康な髪の生成に必要な成分が配合されています。副作用はほとんどありません。

費用はクリニックにより異なりますが、保険適応外のため1ヶ月分¥12,000〜¥16,000程度です。高額ではありますが、医師の診察と写真比較などのフォローアップが受けられますので安心して服用できます。

ただし即効性はないため最低3ヶ月は服用し効果を見ることが必要です。

外用薬

ロゲイン(Rogaine):
血行促進作用があり国で発毛効果が認められている成分のミノキシジル2%配合に加えプロピレングリコールという保湿成分も配合された製品です。

もともとは降圧剤(血圧を下げる薬)のため、副作用として血圧低下やめまい、動悸などの可能性があります。そのため血圧の低い方は使用できませんので定期的な血圧チェックが必要です。

費用はクリニックにより異なりますが、1ヶ月分¥6,000程度のところが多いようです。

パントスチン(pantostin):
FAGA(女性男性型脱毛症)の治療薬としてアルファトラジオールという成分が配合された外用薬です。男性ホルモンが脱毛因子へ変割ることを防ぎ、毛根をを守ります。

副作用はほとんどみられないため安心して長期にわたり使用することができますが、パントスチンは抜け毛を防ぐのみで発毛効果は期待できませんので他の発毛治療との併用がオススメです。

費用はクリニックにより異なりますが1ヶ月¥10,000程度のところが多いようです。

毛髪再生医療(HARG療法)

ヒトの幹細胞から抽出した成長因子にビタミンやアミノ酸などを加えたHARGカクテルを頭皮に注入し髪の毛を再生させる治療です。

注入方法は注射やレーザーやダーマローラーといった様々な方法がありますが、どれも頭皮に若干の傷をつけるため施術時に若干の痛みがともないます。(そのため希望によりスプレータイプの麻酔を使用してくれるクリニックもあります)

個人差はありますが効果が感じられるのには月1回の施術で3~8ヶ月ほどかかることがあります。そのため効果の判断は半年程度かけて行うことが多いようです。

費用はクリニックにより異なりますが、1回¥100,000程度と高額になりますが初回のトライアル価格や6回を1クールとしたセット価格が設定されている場合もあります。

また、施術方法によっては針代やダーマローラー代などが別途かかる場合もありますので実際の費用は各クリニックに問い合わせることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?女性の薄毛について、今現在悩んでいる方も予防をはじめたいと思っている方にも参考にしていただけたら幸いです。

なかなか相談しにくいけれどとっても気になる女性の脱毛、今後も役に立つ情報をアップしていきますのでどうぞごらんくださいね。