女性のホルモンバランスと抜け毛には、密接な関係があることをご存じでしょうか。
今回は、ホルモンバランスと抜け毛の関係、ホルモンバランスの乱れによる抜け毛が原因の薄毛改善方法についてご紹介致します。

この抜け毛、ホルモンバランスの乱れのせい?

女性の身体を女性らしく保つ2つのホルモンに、エストロゲンプロゲステロンがあります。
この2つのホルモン、髪を健やかに保つ作用を持っていることをご存じでしたか?

エストロゲンは髪の成長を促進しその成長期を持続させ、プロゲステロンは髪の寿命を延ばす作用があるのです。

しかし、何かしらの原因でこのホルモンのバランスが崩れてしまうと抜け毛や薄毛に繋がる危険性をはらんでいます。

これらのホルモンは初潮を迎える思春期から分泌量が増え始め、エストロゲンとプロゲステロンが、月経周期に沿って主役が切り替わりながら卵巣からの分泌の増減を繰り返します。
具体的には、プロゲステロンは排卵を終えた頃に分泌が増え始め、月経が始まると減少していきます。
その一方で代わりにエストロゲンが次の排卵期に向けて分泌が徐々に活発になって行きます。

つまりホルモンバランスとは、女性の場合は主に、このエストロゲン、そしてプロゲステロンの2種類のホルモン分泌量のバランスのことを指すのです。

ホルモンバランスが乱れる原因

女性は元々、月経や妊娠および出産、更年期など、それぞれのライフステージでホルモンバランスが変わります。

また、過度なダイエットやストレス、生活習慣の乱れ、ピルの長期使用などによってもホルモンバランスが崩れることがあります。

ホルモンバランスが乱れる原因別の抜け毛対策方法

こうして起こる抜け毛の直接的な原因はホルモンバランスの乱れですが、ホルモンバランスが乱れる理由は人それぞれですよね。
ここでは原因別に、対策をご紹介します。

妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れが原因の抜け毛対策

抜け毛の原因

女性は妊娠すると、出産が終わるまではプロゲステロンの分泌が多い状態が続きます。
そして出産後にプロゲステロンが一気に減少することによって、妊娠中はプロゲステロンの影響で抜けにくかった髪が、ごっそりと抜けてしまいます。
このような脱毛症を分娩後脱毛症(産後脱毛症ともいう)といいます。

抜け毛の対策

分娩後脱毛症は産後1年もすればホルモンバランスが安定して自然に元の髪に戻っていくので特に心配はいりません。

分娩後脱毛症への対策としては、抜けずに残った髪にハリやコシを出すため、柔らかい髪質用のシャンプーを使用すると良いでしょう。

そして新しい髪が生えるためにはタンパク質やビタミン、ミネラルといった栄養素が必要になります。

しかし、授乳している女性は栄養素が母乳を作り出す過程で不足しがちになりますので、母体にも栄養がしっかりと行き渡るようにバランスのとれた食事をする必要があります。
また、産後は慣れない育児や睡眠不足で生活が一変します。
ストレスを抱え込みがちですので、こまめに息抜きできる工夫ができたら良いですね。

出産後1年経っても抜け毛が続く時は、他の病気の可能性もないとは言えないため、婦人科や皮膚科などの専門医を受診することをおすすめします。

更年期によるホルモンバランスの乱れが原因の抜け毛対策

抜け毛の原因

思春期以降増えるエストロゲンですが、40代半ばにもなると徐々に卵巣の機能が衰えてくるので分泌量は減少していきます。
すると分泌を増やすよう指令を出している脳はエストロゲンの分泌が増加しないことで混乱します。
特に視床下部は自律神経もコントロールしているので、この混乱が一時的に動悸やのぼせ、発汗、頭痛などの自律神経失調症のような症状を招きます。

閉経は平均50歳で起こり、その前後の10年を更年期と呼びますが、こうしたホルモンバランスの乱れからくる自律神経のトラブルを総称して更年期症状と言います。
更年期のエストロゲンの減少はまた、休止期に入る毛根を増やす原因となるので抜け毛が増えて薄毛になる人もいます。

抜け毛の対策

ホルモン補充療法(HRT)

更年期のホルモンバランスの乱れによる抜け毛対策には、減少する女性ホルモンを直接身体に補充するホルモン補充療法(HRT)という治療法があります。
HRTは不足したエストロゲン、もしくはプロゲステロンを飲み薬や張り薬で補う事で更年期の症状を抑えることを目的に行われます。
理論上はこの治療を行えば抜け毛の減少にも繋がるはずなのですが、ホルモン補充療法は薄毛治療としては臨床試験による確かなエビデンスはまだないのが実情です。

漢方薬の服用

更年期のホルモンバランスの乱れからくる薄毛改善方法として他に注目されるのが漢方薬の服用です。
「苦い」、「即効性がない」などのイメージが強く、苦手な人も少なくはない漢方ですが、漢方は更年期に見られるような幅広く様々な不調を起こす不定愁訴の症状に対して効果的と考えられています。

更年期症状向けの漢方薬もいくつかあり、その中でも抜け毛に効果があると言われているのがこちらです。


・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
・八味地黄丸料(はちみじおうがん)


これらは市販品を購入することができるので、一度試してみるのも良いでしょう。

症状が深刻だったりより高い抜け毛防止効果を求めるなら婦人科などでホルモン療法の専門医に相談することをおすすめします。

ダイエット、ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因の抜け毛対策

抜け毛の原因

女性の身体はとても繊細なので、妊娠や更年期以外でもちょっとしたことでホルモンバランスが乱れることがあります。
その原因の一つに過度のダイエットやストレスが挙げられます。

エストロゲンやプロゲステロンは、まず脳の視床下部・下垂体から分泌の指令が出て、その指令を受けた卵巣がこれらの女性ホルモンを分泌するようにできています。
しかし過度のダイエットによって、脳のエネルギー源となり正常な働きを促す糖質などの栄養素が不足すると、ホルモン分泌の指令をうまく出すことができなくなります。

また、視床下部や下垂体はストレスの影響を受けやすく、長期間ストレスにさらされることでホルモン分泌の指令機能に変調をきたしてしまうことも。
こうして過激なダイエットやストレスはホルモンバランスを乱し、薄毛や抜け毛の原因となる場合があるのです。

抜け毛の対策

こうしたホルモンバランスの乱れを防ぐには、視床下部や下垂体から女性ホルモンの指令を正常に出させる必要があります。
脳のエネルギー源はグルコース(ブドウ糖)のみなので、いくらダイエット中だからといっても糖質を極端に減らすことは避けなければいけません。
炭水化物で換算した場合ですが、一日最低でも100g※1は意識して摂取するようにしましょう。
※1 参考サイト:そもそも、糖質の必要量は

また、ストレス緩和のためにおすすめしたいのがウォーキングです。
ジョギングほどきつくなく、誰でも簡単に始めることができますよね。

ウォーキングで精神面のリラックス効果も期待できます。
歩いている時は平常時よりも30%~50%多く酸素が脳に供給されることがわかっています。
そうした状態が20分程続くとβ-エンドルフィンやドーパミンといった快楽ホルモンが脳内に分泌されます。
最近の研究では、β-エンドルフィンの効果は運動後3~5時間持続するといわれています。

特に、朝は日光を浴びることで脳の視交叉上核(しこうさじょうかく)が刺激され体内時計を日光と同じ時間に合わせるように働きます。
それによって交感神経が活発化されて自律神経を整える効果が期待できます。

ほどよい肉体の披露は良質な睡眠にもつながるので、出勤前のウォーキングを習慣に取り組んでみてはいかがでしょうか。

不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れ が原因の抜け毛対策

抜け毛の原因

ダイエットやストレスと同じように、生活習慣の乱れもまたホルモンバランスが乱れる原因となります。

特に気を付けてほしいのは睡眠です。
女性ホルモンの正しい分泌は、良質な睡眠によってもたらされます。

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠があるのは知っている方も多いと思いますが、女性ホルモンは深い眠り、つまりノンレム睡眠時に分泌されます。
不規則な生活をしている場合、このノンレム睡眠の時間が短くなってしまうので、女性ホルモンが分泌されずにバランスが乱れてしまうのです。

抜け毛の対策

ではどうすればよいかというと、生活のリズムを整えて良質な睡眠を取ることです。
睡眠から約3時間で、深い睡眠をもたらすメラトニンというホルモンが分泌されるのですが、そのメラトニンがちゃんと分泌されるように睡眠前はリラックスすることが大切です。

睡眠の前に温かい湯船につかり、軽くストレッチをしたあとは脳を刺激するテレビやスマホを見ずにベッドに入りましょう。
クラシック音楽を聴くことやリラックス効果のあるアロマを炊くこともおすすめです。

積極的に抜け毛・薄毛をケアしたいなら育毛サプリと育毛剤を使う

ホルモンバランスが乱れる根本原因に対策をしたけど、それだけで抜け毛・薄毛が改善するとはかぎりません。
女性の薄毛はさまざまな原因が複合的に重なっておきるものだからです。

もっと効果的に抜け毛・薄毛をケアしたいなら、育毛サプリや育毛剤を使って、身体や頭皮を健康な髪の毛が育ちやすい環境に整えてあげましょう。

育毛サプリが効果的な理由

ホルモンバランスの乱れからくる薄毛改善には、育毛サプリが手軽でオススメです。

例えば女性用育毛サプリのマイナチュレには、普段の食事からでは不足しがちな毛髪や頭皮に大切な成分のシスチン、天然タウリン、ケラチン、メチオニン、ミレットエキスを配合しています。
普段の生活ではあまり意識して摂取できないものばかりではないでしょうか?

育毛サプリにはこのような髪の原料となる成分のほかにも健康維持に必要な栄養素を同時に配合されていることが多いので、飲むだけで体の栄養バランスが取れるという仕組みになっています。

また、エストロゲンの減少には分子構造が似ているイソフラボンを摂取するのも効果的と言われています。
イソフラボンは大豆に含まれるので毎日の食卓に納豆や豆腐、味噌汁といった形で取り入れるのも良いのですが、育毛サプリなら最も簡単に、髪に良い成分を複数同時に効率的に摂取することができます。

育毛剤が効果的な理由

最近では女性用育毛剤も数多く発売されています。

女性は男性よりも肌が敏感な場合が多く、生理中には特にデリケートになるので、添加物やアルコールの入っていない育毛剤を選ぶのがオススメです。

また、毛髪が健やかに生えてくるのを促すため、頭皮の環境を良くすることが大切です。

男性用育毛剤は男性ホルモンによって皮脂分泌が過剰となっているのを抑制する成分がメイン成分として配合されていたりしますが、女性用育毛剤にはセンブリやグリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロールといった健やかな髪を育てるための土台作りに適した成分が配合されています。

女性の薄毛には、必ず女性用の育毛剤を選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?
ホルモンバランスを整えるには、栄養をしっかり取れる食事、そして深い眠りに付くことができる習慣、つまりは生活サイクルを整えることがなによりの対策になるといえるのではないでしょうか。

また、抜け毛を気にするがあまり常に髪のことを気にかけてしまっては、そのこと自体がストレスになり悪循環にもなります。
あまり気にしすぎずに、自分なりに日々の生活を楽しむことでストレスから開放された毎日を送るよう心がけましょう。

育毛剤やサプリを試してみるのも良い気分転換になるかもしれません。
まずは毎日継続して始められそうなことから、少しずつはじめてみませんか?