女性でも親の薄毛が遺伝する場合がある

一般的に男性の薄毛のほとんどは、遺伝による男性型脱毛症(AGA)なのに対し、女性の薄毛の場合は加齢やストレス、急激なダイエット、間違った頭皮ケアなど遺伝とは直接関係のないものがほとんどです。

しかし、女性の薄毛に遺伝が全く関係しないかというと、そうではありません。
女性にも男性型脱毛症(AGA)と同様のメカニズムで起こる女性男性型脱毛症(FAGA)という遺伝性の薄毛があります。

AGAとFAGAが発生する基本的な仕組み

AGAとFAGAのメカニズムAGAとFAGAの基本的な発生メカニズムは同じです。

テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという体内の酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、それが毛乳頭の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に作用すると毛母細胞の細胞分裂が鈍くなり発毛を妨げます。

そうなると毛周期が乱れ、成長する前に毛が抜け落ちるので結果として薄毛になってしまいます。

テストステロンは女性の体内にも存在するため(通常は男性の1/10~1/20程度の微量)、FAGAになる可能性があるのです。

遺伝による薄毛の症状が男女で違う理由

しかし女性の場合、男性ホルモンの量が少ないことや発毛を促す女性ホルモンも分泌されているため、男性ほど極端な脱毛やハゲた状態になることはほとんどありません。

同じ発生メカニズムでもAGAとFAGAの違いはここにあるといえます。

ただし加齢や更年期、閉経によって女性ホルモンの分泌が減少すると、FAGAによる薄毛症状が顕著に現れはじめます。

女性の薄毛体質に影響するのは父方?母方?

遺伝による薄毛に関してよくある俗説が、「父親か母親のどちらか一方が薄毛遺伝子を持っている場合、女性は薄毛にならず男性はハゲる。両親ともに薄毛遺伝子を持っていれば男女共に薄毛になる」というものです。

しかしこれは医学的に解明された事実ではありません。
またあるクリニックのWEBサイトには「女性の薄毛は父親から遺伝しやすい」と書かれています。

女性の場合は、父親が薄毛の場合に遺伝によって薄毛になる可能性があると言われています。
■ 引用元:東京国際クリニック

女性の薄毛に父型、母型のどちらの影響が強く出るか?の結論は出ていませんが、いずれにしても遺伝的に薄毛になりやすい女性がいることは事実です。

男性用AGA治療薬は女性の服用は禁止!

AGA治療薬は女性の服用は禁止!

AGAの薬として有名なプロペシア(フィナステリド)は日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めた正式な治療薬です。

5αリダクターゼを阻害してジヒドロテストステロン(DHT)の発生を抑えることで、短くなっていた毛髪の成長サイクルを正常にする効果が期待できます。

プロペシアには要注意!

しかし残念ながら、プロペシアは妊娠や出産に影響を与え、特に男児を妊娠中だった場合に生殖器に奇形が現れる可能性があるため、世界的に女性の服用が禁じられています。

妊娠中は特に砕けたり割れたりした錠剤に触れることもタブーとされていて、それは厚労省のHP※2でも注意喚起がされています。

※1 MSD株式会社 プロペシアの添付文書
※2 プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について |厚生労働省

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療法とケア

女性の薄毛はFAGAのような遺伝的要因だけで発生することはほとんどありません。

ビタミン類を積極的に摂取

また、髪の発育によいとされる栄養素のタンパク質、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを、食事の際に多く摂るように意識してみましょう。ただしこれらの栄養はまず、生命維持に必要な臓器へと優先的に送られるので、髪はその優先度が低く、充分に摂取しておかないと髪まで届きません。

もちろん専門の医療機関へ通うことも有効です。早期治療をはじめることで早めに薄毛の対策ができるので、セルフケアだけでは不安だと言う人は検討してみましょう。

クリニックでの治療も視野に

最近では女性の薄毛を専門的に取り扱うクリニックも増えてきましたので、待合室で男性の目を気にせず安心して通うことができます。さらに、女性でも服用することができるミノキシジルなどの治療薬を処方してもらえるほか、専門のスタッフやドクターに正しい食生活やヘアケアのアドバイスを貰うこともできます。

まとめ

いかがでしたか?女性の薄毛には遺伝も少なからず関係していることが分かりました。

しかし女性の場合は遺伝以外にも生活習慣やお酒、煙草やホルモンバランスの乱れなども薄毛の原因となります。つまり女性の薄毛は様々な要因が複合的に重なって起きることが多いのです。

このような遺伝以外の原因によって起こる薄毛は、頭皮環境を改善することで進行を抑え、発毛促進に繋がる可能性があります。家族が薄毛だからといって、何の対策もせずに諦めてしまうのは「もったいない」の一言に尽きるのです。

クリニックやサロンに通わなくても、手軽にはじめられるものとして市販されている女性向け薬用育毛剤があります。こういった商品を利用することも、頭皮環境の改善に十分役立ちます。

薄毛の早期対策をした場合とそうでない場合、将来の薄毛の進行具合だけではなく精神面でも大きく変わってきます。これを機に自分の薄毛と向き合い、正しい頭皮ケアからはじめてみませんか。