女性でも薄毛が遺伝する場合がある

一般的に男性の薄毛のほとんどは、遺伝による男性型脱毛症(AGA)なのに対し、女性の薄毛の場合は加齢やストレス、急激なダイエット、間違った頭皮ケアなど遺伝とは直接関係のないものがほとんどです。

しかし、女性の薄毛に遺伝が全く関係しないかというと、そうではありません。女性にも男性型脱毛症(AGA)と同様のメカニズムで起こる女性男性型脱毛症(FAGA)という遺伝性の薄毛があります。

AGAとFAGAの基本的な原理とは

AGAとFAGAのメカニズムAGAとFAGAの基本的な原理は同じです。
テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという体内の酵素によりジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、それが毛乳頭の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に作用すると毛母細胞の細胞分裂が鈍くなり発毛を妨げます。

そうなると毛周期が乱れ、成長する前に毛が抜け落ちるので結果として薄毛になってしまいます。女性なのに男性ホルモン?と疑問に思うかもしれませんが、女性の体内にも男性ホルモンは存在します。ただし健常な成人同士の比較として、女性の体内テストステロンは男性の1/10~1/20です。

薄毛の遺伝 男女の差はどこで出てくる?

さらに、女性の場合は男性ホルモンによって脱毛が起こっても、発毛を促す女性ホルモンが同時に一定量分泌されているので、完全に毛がなくなることはなく、薄毛に留まります。一方、男性のAGAの場合は頭頂部や生え際など局所的に薄くなります。こうして遺伝による影響に男女差が出てくると言うわけです。

同じメカニズムでもAGAとFAGAとの違いはここにあるといえます。

そのため、女性における遺伝性の脱毛の原因は女性ホルモンの減少と考えても良いでしょう。女性ホルモンは早い人では35歳くらいから減り始め、加齢や更年期、閉経によってその量が減少していくので、FAGAによる薄毛を遺伝している人はますます症状が起こりやすくなります。

女性の薄毛体質に影響するのは父方?母方?

遺伝による薄毛についてよくあるのが「薄毛遺伝子が父親か母親のどちらか一方だけであれば、女性なら薄毛は発症せず男性のみに発症する。両親ともに薄毛なら男女共に薄毛を発症する」という俗説です。

また、東京国際クリニックのサイトでは下記の内容も見受けられます。

女性の場合は、父親が薄毛の場合に遺伝によって薄毛になる可能性があると言われています。
引用元:東京国際クリニック

このような見解もありますが、いずれにしても女性の薄毛に関する遺伝はまだ解明途上と言えます。

薄毛と男性ホルモンとの関連性を調べる実験として、「家系に薄毛の家族がいて、自身の薄毛が始まっている人」、「家系に薄毛の家族がいて、自身の薄毛が始まっていない人」と「家系に薄毛の家族がおらず、自身も薄毛ではない人」にテストステロンを投与した事例があります。※1
※1 薄毛遺伝子の解説|湘南美容クリニックAGA植毛薄毛治療

その結果、家系に薄毛の家族がいる人で、すでに薄毛が始まっている人は薄毛症状が進行し、まだ始まっていなかった人は薄毛が始まりました。一方で家系に薄毛がいない人には変化がありませんでした。

家系に薄毛の家族がいる人の体質

5αリダクターゼが多い
この実験結果から分かることは、家系に薄毛の家族がいる人に投与されたテストステロンだけがジヒドロテストステロン(DHT)に変化したことを示します。
言い換えれば薄毛の人はテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変性させる5αリダクターゼという酵素を遺伝的に多く持つことを意味します。

男性ホルモン受容体の感受性も高い
もう1つ薄毛に関する遺伝について分かっていることがあります。

抜け毛のメカニズムは前述のようにテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化した後、毛乳頭の男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に結合して起こります。

遺伝的に薄毛になりやすい人はこの男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)がジヒドロテストステロン(DHT)と結合しやすい、つまり感受性が高いとも言え、それは遺伝することが解明されています。

つまり

  1. 元々体内で5αリダクターゼを生成しやすい体質であること。
  2. 5αリダクターゼがテストステロンに影響を与やすい体質であること。
  3. 遺伝により男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)がジヒドロテストステロン(DHT)と結合しやすい体質であること。

これらの条件が揃うことでAGA(FAGA)になる可能性が高いと考えられます。

5αリダクターゼは優性遺伝
ちなみに上記①の条件である5αリダクターゼの活性を持つ遺伝子は優性です。そのため父方もしくは母方どちらかがこの遺伝子を持つ場合、理論上50%の確率で子供に遺伝する可能性があり、両親共に活性を持っている場合はさらに確率が高くなります。

男性ホルモン受容体は母方の遺伝子を受け継ぐ
そして③の条件である男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性を決定する遺伝子は、性染色体のX染色体に存在することが解明されています。したがって性染色体の組み合わせがXY型である男性の場合、Xは母親に由来するものなので母方の遺伝を受け継ぐことになるというわけです。

また、女性の場合はXX型のため、父方、母方両方からの遺伝の可能性があり、単純に男性の倍の確率で遺伝することになります。

自分が遺伝性の薄毛か検査する方法

病院で検査

しかし、自分が薄毛の遺伝子を持つかどうかと疑問に思っても、それを調べる術はあまり一般的ではありませんよね。ここ数年でAGA治療のTVCMが多くなったと感じる人も多いとは思いますが、女性の場合は薄毛治療のクリニックに行くのは勇気が要る人も多いのではないでしょうか。

検査キットは簡単に入手できる
そこで簡単に、誰にも知られずに自分がFAGAに関する遺伝子を保持しているかを検査するキットをご紹介します。Amazonなどでも入手できるので、検索してみてください。

一般的な検査キットの価格は12,000~16,000円前後で、採取した口内粘膜を送付した後2-3週間程度で結果が送られてくることが多いようです。クリニックで検査する場合は20,000円前後のことが多く、血液を採取して検査するところもあるようです。

クリニックに通院することや診察料金などを考えると自宅で検査キットを利用するほうがはるかに気軽にできます。しかしクリニックで検査を受ける場合、そのまま治療に移行できるというメリットもあります。

検査キットで何を調べる?
検査キットとクリニックで行う検査ではどちらも、先ほど説明した「③男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性が高いかどうか」を調べます。

具体的にはX染色体にある“CAGリピート・GGCリピート”の遺伝子の配列を調べ、これらのリピート数が少なければ男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性が高く、多ければ感受性が低いので薄毛になりにくいとされています。

検査によってわかるのはFAGAを発症する条件の1つでしかなく、自分の薄毛が遺伝によるものかどうかの判断材料のほんの一部にしかならなりません。信憑性が高いと感じるかどうかは人それぞれです。

しかし、検査結果から投薬のヒントを得ることができ、今後の治療の方向性の指針にもなりますので、受けてみる価値はあるのではないでしょうか。

AGA治療薬は女性の服用は禁止!

AGA治療薬は女性の服用は禁止!

さて、具体的なAGA治療のひとつにプロペシア(フィナステリド)という、日本皮膚科学会がAGA治療のガイドラインで認めた正式な治療薬があります。

AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)を生成する酵素である5αリダクターゼを阻害し、短くなっていた毛髪の成長サイクルを正常にする効果が期待できます。

しかし、効果がある一方で副作用の報告もあります。MSD株式会社のプロペシアの添付文書※1によると、頻度不明の肝機能障害や男性不妊など、1~5%未満の割合でリビドー(性欲)減退、1%未満ではありますが勃起不全などが副作用としてあげられています。

プロペシアには要注意!

また残念ながら、プロペシアは妊娠や出産に影響を与え、特に男児を妊娠中だった場合に生殖器に奇形が現れる可能性があるため、世界的に女性の服用が禁じられています。妊娠中は特に砕けたり割れたりした錠剤に触れることもタブーとされていて、それは厚労省のHP※2でも注意喚起がされています。

※1 MSD株式会社 プロペシアの添付文書
※2 プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について |厚生労働省

プロペシアはインターネットの個人輸入サイトなどで、処方箋がなくても入手可能ですが、女性の場合はこういった禁止の理由があるので、くれぐれも安易な自己判断で服用しないよう注意してください。

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療法とケア

では、女性の薄毛治療にはどのような方法があるのでしょうか。女性の薄毛や抜け毛はFAGAのような遺伝のほかにもストレスや急激な体重の増減、間違ったヘアケアなど複合的な要因によってヘアサイクルが乱れることで進行します。

プロペシアで遺伝的な要因を治療することはできませんが、頭皮の血行を良くしたり、ヘアケアを正しく改めることで頭皮環境を整え、髪の老化や抜け毛の進行を緩やかに抑えることは十分に可能です。

まず簡単に自分で始められることとしては、規則正しい生活と適度な運動、ストレスをためない工夫でホルモンバランスを乱さないようにすることです。

ビタミン類を積極的に摂取

また、髪の発育によいとされる栄養素のタンパク質、亜鉛、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを、食事の際に多く摂るように意識してみましょう。ただしこれらの栄養はまず、生命維持に必要な臓器へと優先的に送られるので、髪はその優先度が低く、充分に摂取しておかないと髪まで届きません。

もちろん専門の医療機関へ通うことも有効です。早期治療をはじめることで早めに薄毛の対策ができるので、セルフケアだけでは不安だと言う人は検討してみましょう。

クリニックでの治療も視野に

最近では女性の薄毛を専門的に取り扱うクリニックも増えてきましたので、待合室で男性の目を気にせず安心して通うことができます。さらに、女性でも服用することができるミノキシジルなどの治療薬を処方してもらえるほか、専門のスタッフやドクターに正しい食生活やヘアケアのアドバイスを貰うこともできます。

女性の薄毛の種類と原因はさまざま

ここまでFAGA、つまり遺伝するタイプの女性の薄毛について説明してきましたが、遺伝とは関係なく様々な原因で起こる女性脱毛症もあります。

びまん性脱毛症
びまん性とは一面に広がるという意味で、局所的ではなく全体的に薄くなる脱毛のことをびまん性脱毛症と言います。女性ホルモンの減少や、強いストレスによる亜鉛不足、自律神経の乱れ、間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化など、様々な要因で引き起こされる脱毛症のこと。
分娩後脱毛症(産後脱毛症)
その名の通り、産後に起こる脱毛症です。妊娠中に増加していた女性ホルモンが分娩後は通常に戻るため、妊娠中ホルモンの影響で抜けなかった毛髪が一度に抜けてしまうため起こります。さらに産後は育児や寝不足などのストレスによって追い討ちをかけることも。自然に治ることが分かっているので特に治療は必要ありません。
牽引性脱毛症
髪を引っ張り続けた結果生じる脱毛のことで、年齢を問わず発症します。最近ではエクステで髪や頭皮に負担をかけることで起こることもあります。髪をひっつめ過ぎないようにする、いつも同じ位置で髪を結わない、分け目を頻繁に変えるなどで対策が可能です。
円形脱毛症
いわゆる10円ハゲというもので、考えられる原因の1つとしてリンパ球の暴走にあるとの見解もありますが、詳しくはまだ解明されていません。その他の要因として疲労やストレス、感染症などにより精神的、肉体的ストレスを受けることで発症するとの見方もあります。
脂漏性脱毛症
頭皮の皮脂の異常分泌により、皮脂を好むマセラチア菌という常在菌が繁殖することで引き起こされる脱毛です。ストレスなどにより男性ホルモンの分泌が増えると皮脂の分泌も盛んになり、毛根に炎症が起こって脱毛に繋がります。
ひこう性脱毛症
乾燥したフケが毛穴周辺を塞ぎ、細菌などが繁殖して毛根が炎症して起こる脱毛症です。フケがカザブタ状になるほど異常発生する、比較的珍しい症状ですので怪しいと感じたら速やかに医療機関での相談をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?女性の薄毛には遺伝も少なからず関係していることが分かりました。

しかし女性の場合は遺伝以外にも生活習慣やお酒、煙草やホルモンバランスの乱れなども薄毛の原因となります。つまり女性の薄毛は様々な要因が複合的に重なって起きることが多いのです。

このような遺伝以外の原因によって起こる薄毛は、頭皮環境を改善することで進行を抑え、発毛促進に繋がる可能性があります。家族が薄毛だからといって、何の対策もせずに諦めてしまうのは「もったいない」の一言に尽きるのです。

クリニックやサロンに通わなくても、手軽にはじめられるものとして市販されている女性向け薬用育毛剤があります。こういった商品を利用することも、頭皮環境の改善に十分役立ちます。

薄毛の早期対策をした場合とそうでない場合、将来の薄毛の進行具合だけではなく精神面でも大きく変わってきます。これを機に自分の薄毛と向き合い、正しい頭皮ケアからはじめてみませんか。