薄毛・抜け毛対策アイテムを使っている女性が増えましたが、どんな育毛アイテムが薄毛に効くのか、自分の頭髪タイプには何が合うのか、わからないままケアし続けている人もいるのではないでしょうか。

脂性、冷えなどのお悩みタイプから、気軽に使える育毛アイテムまで5商品ご紹介します。本当に効果があるアイテムとは何か、育毛アイテムのメリットとデメリットも合わせてご紹介します。あなたの薄毛に効く育毛アイテムを見つけましょう!

効くのはどれ?薄毛対策アイテム

女性用育毛剤

ベルタ薬用育毛剤

多くの女性が薄毛や抜け毛対策として使用しているのが「女性用育毛剤」。女性用育毛剤市場は男性用育毛剤と今や同じ規模なんですよ!

全体的に髪の毛が減ってくるなど女性特有の薄毛が気になる、産後の抜け毛などで悩んでいる、といったタイプの女性は、まずは女性用育毛剤が効くか試してみましょう。

ただ、授乳中に使える育毛剤は少ないので注意しましょう。育毛剤を選ぶときには、効果がないときの返金保証つき育毛剤一覧と、口コミのチェックは必須項目です!

美容効果と育毛効果を兼ね備えている女性用育毛剤は、スキンケア&アンチエイジング目的にもおすすめ。

男女兼用育毛剤

BUBUKA(ブブカ)のボトル

女性だからといって女性用育毛剤が効果を発揮してくれるとは限りません。

男女兼用育毛剤が効く女性タイプとは、皮脂が原因となっている薄毛や、男性型脱毛症で薄毛や抜け毛が気になる場合です。女性用育毛剤は頭皮が乾燥しやすい女性のために保湿成分が多く含まれていますが、男性用育毛剤は皮脂抑制成分が多く含まれています。

また、生え際などや頭頂部が薄くなるなど、女性AGAチェックリストに当てはまるようであれば、男性特有の薄毛の可能性がたかくなるので男女兼用育毛剤がおすすめです。

育毛シャンプー

セグレタの育毛シャンプー

普段使っているシャンプーを置き換えるだけなの一番お手軽な育毛アイテムです。ズボラな人、三日坊主の人にはおすすめです。

ただ、育毛剤のような効き目は感じられない場合がほとんど。頭皮環境を整えるために使えるので、まだ薄毛や抜け毛がそれほど深刻ではない人に使いやすいでしょう。

できれば育毛剤と併用して欲しいところです。日ごろのお手入れや髪の毛のハリコシアップのために使うなら、育毛シャンプーが良いでしょう。

内服薬

内服薬

医師に相談して内服薬で治療する方法もあります。病院へ行く際は皮膚科にかかることになるのですが、薄毛で病院って女性にはかなりハードルが高いですよね。本格的な薄毛治療になるので副作用も気になります。

医薬品ではパントガールというものがありますが「薄毛が酷くなった」などの副作用の口コミをチラホラ見かけます。

そんなときは副作用が少なく病院へ行かなくてもOKな育毛サプリも視野に入れてみてください。

とはいえ、体内に取り込むものなので成分として危険なものが入っていない無添加の優しい育毛サプリがおすすめ。安全性は一番重要です!口コミや成分をチェックしてから服用しましょう。

漢方薬

ツムラの漢方薬、24番の加味逍散(かみしょうようさん)

女性の薄毛は治りやすいといわれているので、強い内服薬より漢方薬を用いることもあります。効果効能としては「血行促進」の一点のみなので、血行が悪くて頭皮環境が悪く栄養が行き届かないという人には効くアイテムです。

頭皮は元々栄養が行き届きにくい部位と言わており、血行が悪いと薄毛になりやすいんです。女性の場合、冷え性の人も多いですね。冷えは薄毛を招くだけではなく「万病の元」と言われています。冷え体質の改善は急務です!

育毛剤は血行促進成分と薬用育毛成分を一緒に補給できるので、漢方を貰いにクリニックへ行く手間を考えると育毛剤の方がおすすめです。