薄毛が気になり始めると、できるだけ頭皮に負担をかけたくないという思いから、毛染めを控えたくなりますよね。
でも薄毛が気になるからといって、毛染めはあきらめられない…と悩んでいませんか? 

一般的な白髪染めには、染まりにくい特徴のある白髪を明るくしっかり染めるために、刺激の強い化学染料が配合されていることが多く、白髪染めの種類によっては髪や頭皮にダメージを与えることがあります。

薄毛や抜け毛が気になる場合は、頭皮へのダメージが少ない白髪染めを選ぶことをおすすめします。
ここでは白髪染めの種類と特徴や、白髪が気になる人におすすめのカラーなどをご紹介します。

一般的な白髪染めは薄毛に悩む女性には不向き

白髪は毛が太いため染まりにくいという特徴があり、白髪をしっかり染めるためには濃い色素が必要になります。

そのため一般的な白髪染め(ヘアカラー)には刺激の強いアルカリ剤などが使われることが多く、染まりが良い代わりに、かゆみなどの違和感を感じたり頭皮や髪へダメージをあたえる心配もあります。

また、アルカリ剤で無理にキューティクルを開かせて髪を染めるため、髪のうるおいが逃げる原因となってパサつきなど乾燥トラブルにつながる可能性も。

発色をよくするためにヘアカラーに使われることがあるジアミン系染料は、場合によってはアレルギー症状を引き起こす可能性も指摘されています。

白髪や薄毛が気になる年齢の女性の頭皮や髪は、若いころに比べて、ダメージを受けやすい状態にあります。

それなのに刺激の強い白髪染めを使っていると、毛が細くなったり髪のボリューム感が失われる原因となり、薄毛の悩みを深刻にしてしまいかねません。

低刺激で染められる毛染めもある

頭皮へのダメージを考えると刺激の強い白髪染め(ヘアカラー)で白髪を染めるよりも、やや染まりにくく色持ちも悪くなりますがヘアマニキュアやカラートリートメントを使ってやさしく髪を染める方がおすすめです。

両方とも髪の外側から色を入れていくのが特徴で、髪の毛の色を抜いてから髪を内側から染める白髪染めよりもダメージを抑えることができるからです。

毛染めの種類別に特徴と頭皮への刺激をご紹介

それでは「一般的な白髪染め」、「ヘアマニキュアタイプの白髪染め」、「カラートリートメント」の特徴や頭皮への刺激について見ていきましょう。

一般的な白髪染め(ヘアカラー)の特徴

白髪染めは、「浸透」「脱色」「発色」の順で髪を染めていきます。

髪の表面を覆っているキューティクルは、髪の美しさを保ち、水分が蒸発しないよう髪の表面を保護しています。
しかし白髪染めを使う場合、キューティクルが毛染めの染料が髪の毛に浸透する邪魔になるので、はじめにアルカリ剤でキューティクルを分解してしまいます。

次に色が入りやすくなるように髪の色の元であるメラニン色素を分解・脱色して、最後に染料を髪の内部まで浸透させ、発色し定着させるという仕組みです。

一度メラニン色素を脱色したうえで髪を中から染めるヘアカラーは、刺激の強い成分を使用している反面、発色がよく色持ちもがよいという利点があります。

白髪染めの1剤と「2剤とは?

白髪染めは、クリーム状の1剤と2剤を混ぜ合わせて使うのが主流です。
1剤には「酸化染料」「アルカリ剤」、2剤には「酸化剤」が含まれています。

1剤に使用されることの多いモノエタノールアミンは、アルカリ剤として使用されています。

本来、毛髪は弱酸性の状態が理想なのですが、モノエタノールアミンは髪の内部にアルカリ剤を残してしまい髪のダメージの原因になるといわれています。

さらに、パラフェニレンジアミンなどのジアミン系染料と呼ばれる酸化染料は、美しい発色を実現してくれるものの刺激が強いため、頭皮にかぶれなどのトラブルを引き起こす可能性があります。

また、かゆみなどトラブルの原因が白髪染めにあると気付かずに使い続けているうちに、皮膚炎やアレルギーを起こしてしまうこともあるのです。

2剤に使われている成分も刺激が強いものが多く、オキシドールなどでしられる過酸化水素水が使用されています。
酸化剤の過酸化水素水は、強い殺菌能力があるため、肌に触れるとと炎症を起こす可能性があります。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めの特徴

ヘアマニキュアは先ほどの白髪染め(ヘアカラー)とは異なり、髪の表面近く(少し内側まで)を染める酸性の染毛料です。
キューティクルを開いて髪内部を脱色する必要がないため、髪や頭皮にやさしい毛染めといえます。

ジアミン系染料を使っていないため、かぶれることが少なく、ジアミンアレルギーの人でも安心です。

ですが白髪染と違って脱色をしないため、暗い色の髪の毛を明るい色に染めにくい傾向があります。
また、色持ちは悪く目安は3週間ほどです。

タール系色素が主流のヘアマニキュアは、頭皮や顔、手や首などにつくと落ちにくい傾向にあります。
根元からは1cm程度離して染めるなど、テクニックが必要になります。

カラートリートメントの特徴

こちらもヘアマニキュアと同様で、髪の表面近くと少し内側を染めることができ、シャンプーのあとにトリートメントとして使用して髪に色をつけていきます。

キューティクルを開いて髪内部を脱色する必要がないので、つややうるおいを保ちながら髪に色合いをプラスすることができる塩基性染料です。

アルカリ剤など刺激の強い成分を使わず、植物染料など天然染料を使用しているものが多いので、頭皮への刺激が少なく毛の根元の白髪にも安心して使うことが可能です。

髪へのダメージを軽減できるうえ髪にコシがでるなど、細毛や薄毛に悩む人には不安も少なく使用できる利点も。

ただし、洗髪のたびに使いながら色付けをするので、一度の使用では染めることはできません。
また色もちも悪く、目安は2週間程度です。

薄毛や抜け毛に悩んでいる女性におすすめのカラーは?

薄毛や抜け毛が気になるなら染めないのが一番なのですが、白髪がどうしても気になってしまう! というのもわかります。

そんなときは、白髪があっても目立ちにくいカラーにして、白髪染めの回数を減らす工夫をしてみましょう。

白髪と薄毛が気になるなら少し明るめのカラーを

白髪を目立たなくするには、ブラウン系の明るめのカラーがおすすめです。

頭皮や白髪の色は白に近い色をしていますので、薄毛になった際に黒い髪の毛の色とのコントラストが強く出てしまうことがあります。

明るいブラウンにすれば、コントラストを小さくし、生えてきた白髪も目立ちにくくすることができるでしょう。

また、髪の一部分だけを染め明るいラインを作るハイライトなら、白髪が目立たくなります。

明るいラインが髪の毛に入ることにより、白髪が目立たなくなるだけではなく、自然なボリューム効果も期待できますよ。

まとめ

白髪染め(ヘアカラー)、ヘアマニキュア、ヘアトリートメントそれぞれの特徴や違いがおわかりいただけたと思います。

薄毛に悩む女性が白髪を染める際には、色持ちや発色の良さだけではなく、頭皮や毛髪へのダメージも考えて、白髪染めのタイプを選びたいところ。

刺激の強い成分が配合されていると逆にボリューム感のない髪になってしまう可能性もあるので、頭皮にやさしく長く使用できるものを選択するのも、美しさをキープする秘訣です。