「毛深いと薄毛になりやすい」という話は昔からよく言われています。

「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンによって体毛が濃くなったり、脱毛、薄毛が引き起こされる可能性があるため、「毛深いと薄毛になりやすい」のは事実なんです。

実はこの仕組み、女性にも当てはまるのことがあるのです。
今回は毛深い女性は薄毛になりやすいのか?という疑問について、詳細に説明します。

「毛深さ」も「薄毛」も同じ男性ホルモンの影響によるもの

まずは男性の毛深さと薄毛の関係について見ていきましょう。

同じように生えているように見える体毛と髪の毛ですが、実は「体毛は男性ホルモン」「髪は女性ホルモン」と、別々のホルモンの影響を大きく受けています。

ジヒドロテストステロンが毛深さと薄毛の元凶

体毛に関係する男性ホルモンの代表各が「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

DHTは「テストステロン」という別の男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びついて、強力に変化したもの。
体内でジヒドロテストステロンが増えると、体毛が濃くなり毛深くなってしまいます。

またDHTは薄毛の原因物質でもあります。

毛髪の根元にある毛乳頭には毛母細胞という髪の毛を生み出す細胞があります。
毛母細胞が分裂を繰り返しすことで髪が生みだされて伸びていくのですが、DHTは毛乳頭の「男性ホルモン受容体」とよばれる部位と結びつくと、毛母細胞の細胞分裂の働きを弱めることが分かっています。

つまり体内にジヒドロテストステロンが多いほど毛深くなったり、薄毛になりやすいのです。

5αリダクターゼが多かったり活性が高いとDHTが増えやすい

ジヒドロテストステロンが多いということは、そのもとになるテストステロンも多いと思われがちですが、実はテストステロンの量にあまり個人差はないようです。

個人差があるのは5αリダクターゼの方で、5αリダクターゼの分泌が多かったり活性が高かったりすると、テストステロンからジヒドロテストステロンへと生成される量も増加します。

女性でもDHTの影響で薄毛になる危険性あり

ここまで男性ホルモンがムダ毛や薄毛にあたえる影響について見てきましたが、実はこのメカニズム、女性にもしっかり関係しています。

女性の体内でも、男性の5~10%とわずかな量ですがテストステロンが分泌されています。
そして男性と同じようにテストステロンに5αリダクターゼが作用することで、ジヒドロテストステロンが生成されてしまうのです。

通常は女性ホルモンの働きが5αリダクターゼを抑制するため問題にはなりません。
しかしストレスや生活習慣の乱れで女性ホルモンのバランスが崩れると、それまで働きを抑えられてきた5αリダクターゼが活性化してテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させてしまいます。

そうすることで女性でも毛深くなったり髪が薄くなるなどの症状が現れることがあるのです。
つまり「毛深いと薄毛になりやすい」のは、男性だけでなく女性にもあり得ることなんだと言えるでしょう。

女性なのに男性ホルモン分泌が活性化されることも

また女性でも、体内で男性ホルモンの分泌が増えることがあります。

過度なストレスにさらされると体内に対ストレスホルモンが分泌されますが、それに続いて男性ホルモンも分泌されるのです。

ストレスは5αリダクターゼの働きも活性化させます。

「最近毛深くなってきた気がする」
「髪も元気がなくて減ってきたような…」

そのように感じる場合は、もしかすると男性ホルモンが増えてしまっているのかもしれません。

女性ホルモン低下による薄毛には、育毛剤でのケアも効果的

女性ホルモンの減少は、育毛を促すBMPという成分の減少にも繋がります。
BMPが減ると髪の成長が滞り、髪が細くなったり、抜け毛や薄毛になりやすくなることも。

そんな女性におすすめしたいのが、デルメッドヘアエッセンスです。
「デルメッド」は、BMPの生成を活性化させる独自薬用育毛成分CTP(6-ベンジルアミノプリン)を配合した育毛剤で、女性ホルモン低下による薄毛で悩んでいる女性から支持されています。


デルメッド ヘアエッセンス

デルメッド

分類 薬用(医薬部外品)
対象 女性用
浸透力 4.5
無添加 3.5
価格 4.0
購入情報
価格:
定期初回 2,160円(税込)
容量:
120ml(約1.5~2ヶ月分)
備考:
商品到着1週間以内の返品可

デルメッドの特徴

女性ホルモン低下による薄毛に特化した女性用育毛剤。女性ホルモンと比例して減少する髪成長促進BMPに効果的な三省製薬独自の育毛成分「CTP」を配合。生活環境は乱れていないのに薄毛や抜け毛が気になる30代以降の女性におすすめの育毛剤です。


まとめ

女性にとって男性ホルモンが活発になることは、毛深さや薄毛に繋がるだけでなく、美容的にも精神的にも決してよい影響を与えません。

男性ホルモンを活性化させないためにも、女性ホルモンのバランスを崩さないよう意識した生活を心がけましょう。
ストレスと上手に付き合うことや、バランスの取れた食生活・質のよい睡眠をとることは、女性ホルモンのバランスを整えます。

忙しいと、つい生活が乱れがちになりますが、できることから始めてみて、必要に応じて育毛剤の力を借りるなどしながら対策をしていくとよいでしょう。