女性育毛剤を比較する

養毛剤と育毛剤の違いを比較!

抜け毛や薄毛に悩んだら、使用を考えるものといえば育毛剤ですよね。

でも巷には育毛剤とよく似た養毛剤なんてものまであって、どれを手にしてよいかわからない、と悩んでしまう人もいるかもしれません。

「リアップリジェンヌ」や「ロゲイン」といった発毛剤なら知っているけど、養毛剤についてはよく分からな人も多いのでないでしょうか? 

実は育毛剤と養毛剤、厳密な違いがあるとはいえないのです。
ではより詳しく養毛剤と育毛剤の違いについてご紹介しましょう。

養毛剤と育毛剤の分類と効果の違い

養毛剤や育毛剤、発毛剤にはそれぞれ効果や効能に違いがあります。

薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で見ると、育毛剤は医薬部外品、養毛剤は化粧品、発毛剤は医薬品に分類されることが多く、発毛や薄毛改善効果も異なります。

今回は身近で手軽にドラッグストアで購入できる養毛剤と育毛剤について詳しく解説していきます。

育毛剤は医薬部外品、養毛剤の多くは化粧品

前述したとおり育毛剤、養毛剤は薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)に定められている分類が違います。

育毛剤は医薬部外品、養毛剤は化粧品に分類されることが多く、毛髪や頭皮への効果もそれぞれ異なるのです。

育毛剤は医薬部外品に分類され、「育毛」効果をうたええる

医薬部外品とは人体に対する作用が緩やかな薬品で医薬品とは区別されています。

治療というよりも衛生や防止を目的に作られており、厚生労働省が許可した効果や効能に有効だと考えられる成分が一定量配合されています。

毛髪が健康に育つための環境を整えてくれるものが多いのが育毛剤です。

化粧品と医薬部外品は似ているものがありますが、育毛とうたえるのは医薬部外品のほう。
育毛エッセンスなど「育毛」と記載されているのは医薬部外品になります。

化粧品は頭皮の環境を整えたり、肌の保湿や髪などの保護などを目的として使用するものです。
発毛や育毛などに対して効果のある有効成分は配合されていないため、発毛や育毛について有効性をうたうことも認められていません。

養毛剤と育毛剤の効果効能の違い

つぎに養毛剤と育毛剤の効果効能について見ていきましょう。

養毛剤の効果効能

養毛剤(ヘアケア化粧品)の認められている主な効果は下記の通りです。
化粧品に分類されることが多いので副作用のリスクが少なく安心して使用できます。

  • フケ、かゆみを抑える
  • 毛髪にはり、こしを与える
  • 毛髪のつやを保つ
  • 頭皮、毛髪をすこやかに保つ
  • 頭皮、毛髪のうるおいを保つ
  • 頭皮、毛髪を清浄にする など

最近では養毛剤のほかに「頭皮美容液」や「頭皮エッセンス」といった名称で売られている商品もあります。

育毛剤の効果効能

育毛剤(医薬部外品)で一般的に認められている主な効果は下記のようなものです。

  • 頭皮に栄養を与えて新しい髪が生えやすい地肌環境を整える(発毛促進効果)
  • 毛細胞を活性化して代謝を高める(育毛効果)
  • 細くなったり艶がなくなったりした髪に栄養を補給してボリュームを与える(養毛効果)
  • 地肌を保護し脱毛を抑える(脱毛予防効果)

育毛剤は、血行促進の成分が主なものから保湿成分が主なものまで含まれる成分もさまざま。
今の自分の頭皮や毛髪の状態にはどんな効果を期待したいのか、よく確認してから購入を考えましょう。

まとめ

育毛剤や養毛剤の違いをわかっていただけましたでしょうか。
それぞれ効果に違いがあるため、購入する際には医薬部外品と化粧品の違いをしっかりと意識したいところ。

中には、医薬部外品であっても養毛剤と表記している商品もあります。

医薬部外品と化粧品では期待できる効果も変わるので、養毛剤か育毛剤かだけではなく自分に必要な効果をしっかり確認してから購入することをおすすめします。