年齢別の薄毛の原因と対策

20代女性の抜け毛におすすめの育毛剤・育毛シャンプー

ストレス大敵 20代の薄毛の原因と対処法

近年、20代の若さで薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。
見た目や美容に気をつかうことの多い年代だけに、悩みは相当深いでしょう。

女性の薄毛や抜け毛の原因といえば「ホルモンバランスの乱れ」や「頭皮の血行不良」が定番です。
しかし20代など若い女性の薄毛は、生活習慣の乱れや髪・頭皮のお手入れ不足などからきている可能性もあります。

今回は20代女性の薄毛・抜け毛の原因やその対策法について紹介していきます。

20代女性に多い薄毛の原因行動とは?

20代といえばまだまだ体力があり、肌のターンオーバーも活発な時期。
飲み過ぎ、睡眠不足などが原因で肌荒れしても回復が早いため、手入れもそこそこで済ませがちです。

しかし生活習慣の乱れや、お手入れ不足による肌や髪のダメージを軽く見ていると後で後悔することになるかもしれません。

仕事のストレスや睡眠不足でホルモンバランスを乱しやすい

仕事がある程度こなせるようになってくると、任される仕事の量も増え、時には残業で帰りが遅くなることも。
中には仕事のストレスで寝付きが悪くなった気がする…という方もいるかもしれませんね。

ストレスはセロトニンやメロトニンといった、質のよい睡眠に関わるホルモンの分泌量を低下させます。

睡眠不足になると自律神経が乱れて、頭皮の血行不良を引き起こします。
また睡眠時に分泌される成長ホルモンの量も低下するので、髪が成長できずに細く、抜けやすくなってしまいます。

質の良い睡眠をとるためには、自律神経を交感神経から副交感神経に切り替えることと、成長ホルモンの分泌が高まる夜10時から深夜2時の間に眠れるよう心がけることが大切です。

具体的には、下記のようにするとよいでしょう。

  • 交感神経を刺激するスマホやテレビは、就寝1時間前には消すようにする
  • 遅くとも、日付が変わる前には布団に入る
  • 休日など時間のある日には、ゆっくりとお風呂に浸かるなどリラックスをする

アルコール摂取が薄毛の原因になる場合も

社会人になると、プライベートだけでなく仕事の付き合いで飲みに行くことも増えてきますよね。

飲酒は適量であればストレス発散になりますが、過度になると抜け毛の原因になってしまいます。

アルコールが肝臓で分解される際、髪を作るのに必要なアミノ酸や、血流を良くするビタミン類が消費されてしまいます。
すると髪や頭皮に十分な栄養素がいきわたらなくなることがあるからです。

またアルコールの一部は、体内でアセトアルデヒドという有害物質に変化します。

女性は男性よりもアルコールを代謝する力が低いとされています。
適量を楽しむ分には血行が促されたりと、悪いことばかりではありません。「ほどほど」が大事ですよ。

酒のおつまみにおすすめのメニュー

お酒を飲むときには、たんぱく質やビタミン類を豊富に含むおつまみを選び、アルコールを分解するときに消費される栄養素を補いましょう。

具体的には下記のようなおつまみがおすすめです。

酒のつまみにおすすめのメニュー

  • 焼き鳥
  • 刺身
  • 豆腐
  • 枝豆
  • サラダ
  • 冷やしトマト

無理なダイエットは髪にも悪影響

この記事を読んでいる20代女性の中にも、ダイエットで食事制限をしている人は少なくないと思います。

中には、一日に必要な最低カロリーギリギリしか食べていない人もいるかもしれません。
しかしカロリーや体重計の数値だけを気にして無理な食事制限をしていると、肌や髪が栄養不足になりかねません。

ダイエット中に特に不足しがちなたんぱく質・アミノ酸・鉄分・ビタミンといった栄養素は、丈夫な髪を作り、頭皮の健康を保つためにも不可欠なんです。

もしダイエットをしている方で抜け毛の悩みも抱えているのであれば、栄養不足や栄養の偏りが原因かもしれませんよ。

髪のための栄養補給とは?

くわしくは「女性の薄毛・育毛におすすめの栄養素補給」をごらんください。

外出する際は肌だけでなく頭も紫外線対策を!

20代と言えばある意味人生で一番アクティブな時期かもしれません。
友人や恋人と海やフェスに出かけたり、旅行に行くなどする機会も多いことでしょう。

そんなときに気になるのが紫外線対策です。
もちろん美容意識が高い女性なら、紫外線対策を怠ってはいないと思います。

でも顔、腕、足、首筋にはしっかり日焼け止めを塗っているのに、髪や頭皮のUVケアには無頓着な人が多いですよね。

髪や頭皮も、肌と同じように日焼けをします。
体の中で一番高いところにある頭部は、直射日光を浴びて最も日焼けをしやすい部位なんです。

日焼けして傷んだ髪や頭皮は乾燥したり炎症を起こして、抜け毛や薄毛、白髪などの老化現象につながりかねません。

UVケアは露出した肌だけでなく、頭皮や髪にも必要なことなんですよ。

シャンプー選びをおろそかにしないで!

ヘアケア商品を探しにドラッグストアへ行くとアウトバストリートメントや仕上げのヘアオイルなど、選ぶのに迷ってしまうほどたくさんの商品が並んでいます。

これらの商品は仕上がりの違いを選べたり、香りによるアロマ効果を期待できることなどから、年代を問わず人気が高まっています。。

しかしヘアケア商品はこだわって選ぶのに、シャンプー選びは適当、という人が少なくありません。
頭皮にとって一番大切なのはシャンプーなのです。

育毛のためになるシャンプーの種類は?

シャンプーの種類は洗浄成分によって、アルコール系・石けん系・アミノ酸系の3種類に分けられます。
アミノ酸系シャンプーは肌と同じ弱酸性です。
アルコール系や石けん系と比べると洗浄力は弱めですが、頭皮にとって必要な皮脂まで取り過ぎてしまうということがありません。

特に育毛を目的としたアミノ酸系シャンプーは、必要なうるおいは残しながらも毛穴の汚れをしっかり落とす作りになっているので、頭皮のためには最もよいシャンプーと言えるでしょう。

育毛のためのシャンプーとは?

くわしくは「シャンプーの洗浄成分の種類と特徴」をごらんください。

20代女性に実践してほしい育毛ケアとおすすめケア商品

バランスのとれた食生活を送ること、髪と頭皮のUVケアを行うこと、頭皮に合ったシャンプーを使うことは、抜け毛予防にとても有効です。

そこでここからは誰でも簡単に実践できる抜け毛対策や、手軽に育毛ケアができる商品についてご紹介いたします。

食事面では納豆がおすすめ!

まずは毎日の食事から、髪に良い栄養をしっかり摂れるように改善しましょう。
ズバリ!いちばんおすすめなのは納豆です。

納豆は毎日手軽に食べられる上、たんぱく質や鉄分、ビタミンB2、ビタミンEなど髪のもとになる成分や頭皮環境を整える成分を豊富に含んでいます。

また納豆の原料である大豆には大豆イソフラボンという成分が含まれています。
この大豆イソフラボン、発毛に関わる女性ホルモンと似た働きをすることがしられており、抜け毛予防にも効果が期待できるんです。

頭皮や髪の日焼け予防にはUVカットスプレーを

髪や頭皮の日焼け防止には、スプレータイプの日焼け止めが便利です。
コーセーコスメポートの「サンカット®日焼け止め透明スプレー」※1は、髪や頭皮、メイクの上からでも使用可能なので、1本買っておいて損はないですよ。

あわせて日傘や帽子も使えば、紫外線対策はばっちりです。

「帽子をかぶると髪に跡がついて気になる」という方は、ヘアアレンジにひと工夫してみるとよいでしょう。
コツは、帽子が当たるトップとハチ(耳の上あたりの出っ張った部分)にアレンジを加えること。

おすすめの簡単ヘアアレンジは、ハーフアップとくるりんぱの組み合わせです。

トップの髪はハーフアップにしてからくるりんぱして、両サイドの髪はそれぞれ後頭部に向かってねじります。
最後に、ねじった髪をハーフアップの結び目と重なるようにまとめれば完成です。

おすすめのアミノ酸系育毛シャンプー

そして、一日の汚れはアミノ酸系の育毛シャンプーで洗い流しましょう。
「マイナチュレシャンプー」は公式通販で定期購入可能なので、忙しい方でも手に入れやすいのではないかと思います。

マイナチュレシャンプー
通常価格 7,257円(税込)
定期購入 初回6,229円(税込)
おすすめ度 (4.8/5.0点)
備考 シャンプーとコンディショナーのセット

美容効果も高くおすすめの女性用育毛剤

育毛剤は長く使うものなので、通販での定期購入が可能な商品もチェックしておきましょう。

「ベルタ育毛剤」は無添加・無香料・アレルギーテスト済など、肌に優しい作りでありながら、成分が頭皮に浸透しやすいようナノ化されていて、高い脱毛予防効果が期待できます。

@コスメなどの口コミサイトでも話題になっていて、「髪がふんわりしてきた」「分け目が気にならなくなってきた」「べたつかずさっぱりしている」など、好評な声が多く見られました。

公式通販では30日間の全額返金保証制度もあるので、初めての方でも安心して購入することができます。

ベルタ育毛剤
通常価格 6,458円(税込)
定期購入 初回4,298円(税込)
おすすめ度 (4.8/5.0点)

まとめ

人生の中でも20代は、仕事でもプライベートでもさまざまな経験をする時期です。
この時期に経験したことは、その後の人生にも繋がっていきます。

これは、髪や頭皮についても同じことが言え、ダメージやトラブルを放置したままでいると、抜け毛や薄毛・白髪などの老化現象が早まり、30代・40代になったときに余分な悩みが増えてしまう可能性があります。
未来の自分のためにも、今からできるケアを積極的に取り入れていきましょう。