女性の50代というと、体のあちこちが老化のサインを見せ始めて、辛いと感じる時期でもあります。特に更年期が一番辛い症状ではないでしょうか。人によって差はありますが、更年期になると気分の浮き沈みや体調の変化が現れます。
 
50代になると、抜け毛や薄毛の悩みも40代よりさらに深刻になってくるでしょう。でも、もう50代だから仕方がないと諦めないでください。まだできることはたくさんあります。50代の女性に起こりやすい薄毛・抜け毛の種類や原因、おこなうべき薄毛・抜け毛の対処法をご紹介します。

50代女性に多い薄毛の種類「びまん性脱毛症」

50代の女性に起こる薄毛・抜け毛の多くが、びまん性脱毛症です。髪の毛がどこというわけではなく、全体的に薄くなる減少です。ボリュームが減り、頭皮が目立つようになるでしょう。
 
50代で薄毛に悩んだら、まずはびまん性脱毛症を疑いましょう。それ以外にも薄毛の種類はあり、生活習慣によっては脂漏(しろう)性脱毛症なども考えられます。

50代を悩ませる「びまん性脱毛症」の原因

びまん性脱毛症を発症する原因のひとつはホルモンバランスの乱れです。更年期というのは、閉経が近づくもしくは閉経をして、女性ホルモンの分泌が一気に減り、今までのバランスを崩すことによって起こります。閉経すると分泌されなくなるので、世間でいわれる更年期症状というのが現れ始めるでしょう。
 
イライラしたり、体のあちこちに不調を感じたりします。軽い症状の人もいれば生活に支障が出るぐらい辛い症状の人もいます。その一つの症状として薄毛がある、と考えてください。

女性ホルモンは髪の毛を成長させる働きもあったため、分泌がなくなると髪の毛がなかなか成長しなくなり、休止期といって成長を休止させる時間が長くなるため、生えてきても若いころのような髪の毛ではなく、柔らかく細い毛になってしまいます。

関連効くのはどれ?女性用育毛剤ランキングはコチラ

薄毛に悩む50代女性の対処法

薄毛対処法①ホルモンバランスを整えよう

50代に多い薄毛の種類「びまん性脱毛症」の対処法は、まず更年期症状を和らげるための対処をすることです。女性ホルモンのエストロゲンと似たような機能をするというイソフラボンなら、食事から摂取可能です。豆乳などに多く含まれているので、イソフラボンを積極的に摂取しましょう。更年期症状とともに、薄毛や抜け毛の改善に役立ちます。

薄毛対処法②頭皮を労わろう

長年頭皮に対してあまり気をつかってこなかった、という人は、頭皮が疲れている可能性が高いです。指先で掴むように触ってみて、動きがなければ硬くなっている証拠です。柔らかい頭皮が理想なので、疲れた頭皮をマッサージするなど、血行促進を目指しましょう。

50代になると薄毛や抜け毛で悩んでいるけど、それよりも体調が…という人も多いです。更年期症状とともに薄毛や抜け毛も改善していけるよう、頑張ってみてください。
 
より本格的な治療のための病院での対処法が知りたいという人は、病院や皮膚科の薄毛治療方法をご覧ください。

ミューノアージュ

女性育毛剤ミューノアージュ

皮膚科医が開発したクリニック発想の薬用育毛剤。まるで処方薬のような確かな実感力で人気です。

公式サイトへ


美容効果で人気!ベルタ

女性育毛剤ベルタ

美容成分99.9%!スキンケアと同じように頭皮もエイジングケアを取り入れたい50代女性に人気!

公式サイトへ