つむじが目立つという女性の薄毛は、つむじだけではなくその周辺、また頭全体の薄毛が考えられます。自分では見えない部分だけに気付きにくい部位ではありますが、つむじの薄毛で悩まされている女性は意外と多いです。

今回はつむじの薄毛の原因、そしてその対処法や隠す方法などをご紹介します。

部位別の対処法と隠す方法
全体 分け目 生え際 頭頂部 耳の上 前髪 おでこが広い こめかみ 後頭部

気になるつむじの薄毛-原因と対処法

つむじが薄い!薄毛の原因は?

疑問

つむじの薄毛=髪の毛全体の薄毛

女性の薄毛では、ピンポイントで薄毛になる原因がありません。あるとしたら円形脱毛症ぐらいです。それ以外の薄毛はつむじの薄毛というよりも、髪の毛全体が薄くなったことによりつむじの薄毛も目立つ、という状態です。

ホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛をびまん性脱毛症といいます。すべてがこの薄毛に当てはまるわけではないですが、髪の毛全体が薄くなっている場合、びまん性脱毛症の確率が高いでしょう。

このびまん性脱毛症の原因はいくつかありますが、その中でもホルモンバランスの乱れは大きく関係しているといわれています。

本来の女性ホルモン量よりも分泌される量が少ない場合、髪の毛が成長しにくくなります。加齢、不規則な生活、栄養不足などが原因で分泌が減るでしょう。そして髪の毛が成長できず、量が減ったり1本ずつが細くコシがなくなったりするのです。

つむじの薄毛を改善させる対処法

ホルモンバランスを整えよう

つむじが薄いと気付いたら、ホルモンバランスを整えるところから始めましょう。内側からのケアになります。ホルモンバランスを整える方法として、生活を見直すのはもちろんですが、イソフラボンを積極的に摂取してください。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似たような作用をすることから、女性ホルモンの分泌が減少した体に摂取するといいといわれています。ホルモンバランスの乱れが整えば、自然とつむじの薄い部分が気にならなくなると思います。

頭皮環境を見直そう

髪の毛を染めたり、ヘアスタイリング剤をよく使うなどの影響で頭皮環境が悪くなっている可能性もあります。毛穴に汚れが詰まり、それが成長を妨げる原因となるのです。

頭皮環境がいいほど次に健康的な髪の毛が生えやすいです。毛穴のクレンジングや地肌のスカルプケアなど、頭皮を清潔に保ちましょう。だからといって過度なシャンプーは本来必要な皮脂まで奪ってしまうため、適度にしましょう。

つむじの薄毛を隠す方法

分け目を変える

つむじの場所や数は人それぞれ違いますが、頭頂部~後頭部あたりに1~2つあるのが通常でしょうか。沢山つむじがあると隠すのが大変ですが、1つ2つなら分け目を変えてしまえば簡単に隠すことができます。

髪の毛の生える方向(生え癖)があって、分け目を変えるのが難しいと思う方も多いでしょう。そんな方は、洗髪後ドライヤーをかけるときに生え癖の逆方向から風をあてて乾かしてみて下さい。

周辺の髪の毛にボリュームを持たせる

つむじは誰だって地肌が見えて目立つものなので、そこまで大きく気にする必要はないですが、どうしても気になるときは、周辺の髪の毛を根元から立ち上げ、ふんわり隠してあげてください。これも洗髪後髪を乾かすときにセットすることをおすすめします。

つむじの薄毛=薄毛進行のサイン

つむじの薄毛はそれほど気にする必要はないですが、目立ち始めたら女性特有の薄毛のサインだと思ってください。髪の毛全体がボリュームをなくす前に改善させましょう。