注目の完全アルコールフリーの育毛剤


妊娠中に使えると明記されているマイナチュレ、ベルタを筆頭に、女性用育毛剤は低刺激な商品が多いです。男性用育毛剤のようなスカッと刺激が強い商品は避けるべき、でも製品管理の為のアルコールは入れるのはいいんじゃないかな?というのが大多数ですが、今回は完全アルコールフリーの育毛剤をご紹介します。

育毛剤ミューノアージュ

ミューノアージュ MUNOAGEのボトル

最先端美容医療で活躍する皮膚科のお医者さんが開発した育毛剤です。アルコール無添加なので、アルコールに過敏な方でも大丈夫。薄毛の治療は皮膚科ですから、病院に行かなくても買える育毛剤といった感じで安心ですよね。二剤式なので塗る手間がかかってしまう点がネックですが、1,980円でトライ出来るので気軽に試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトへ

育毛ミストM-1

育毛ミストM-1のボトル

まるで化学研究所のようなメーカーで、沢山の育毛に関するデーターを公開しています。データを見ても素人には良く分からないのですが、遺伝子レベルで研究を進めているようです。スプレー式のミストタイプで、頭皮に塗り辛いのがネックです。効果がなくても返金は出来ません。

公式サイトへ

返金保証や実用面にも注意

上記2点が完全アルコールフリーの女性用育毛剤です。毎日続ける育毛剤ですから低刺激であることはとても大切ですが、塗りやすさや匂いなど、実用的な面も大切です。初めて試す商品なら、効果がなかったときの返金保証がある育毛剤一覧の中から選ぶと安心です。

育毛スプレーのラサーナ

育毛スプレーランキング

髪が短い方はスプレータイプがおすすめ。ジェットスプレーやミストなど育毛スプレーランキングで塗りやすさをチェック!

ランキングへ


育毛ローションのマイナチュレ

育毛ローションランキング

髪が長い方や細かく塗りたい方はローションタイプがおすすめ。ノズル式やポンプ式など育毛ローションランキングで塗りやすさをチェック!

ランキングへ


女性用育毛剤の匂い

育毛ローションランキング

薄毛や抜け毛に効果があっても臭いのはNG!無臭か良い匂いか、@コスメの口コミを参考に女性用育毛剤の匂いをランキングにしました。

匂いランキングへ


アルコールフリーってなに?

疑問
最近巷で良く見かけるようになった「アルコールフリー」「ノンアルコール」の表示ですが、どんなメリットデメリットがあるか知っていますか?ノンアルコールの女性用育毛剤について詳しく説明していきます。

敏感肌・乾燥肌はアルコール無添加が必須!

化粧品や育毛剤の宣伝でよく言われる「アルコールは含んでいません」という文言。敏感肌や乾燥肌の人はアルコール成分やエタノール成分で肌荒れを起こしてしまうことも多いため、かなり気を付けているのではないでしょうか。

しかしながら、実はノンアルコール・アルコールフリーだから安全というワケではないんです。

アルコールフリー女性用育毛剤の定義

アルコールフリーの定義は「エチルアルコールを含有していないこと」なんです。エチルアルコールとはエタノールのこと(エタノールという名前の方がなじみ深いですよね)。

要するに、アルコールフリー・ノンアルコールの女性用育毛剤というのはエタノールが入っていない、というだけのことであって、他のアルコールが含まれていても「アルコールは入っていないです」と断言できちゃうという悲しい事実があったりします。

ちなみに、「無添加育毛剤」「オーガニック育毛剤」と謳っている女性用育毛剤にもアルコールが入っていたりすることが多くありますから注意しましょう。

アルコール無添加育毛剤のメリットとデメリット

アルコール無添加育毛剤のメリット

アルコールが入った育毛剤というのは、肌表面にある皮膜(肌の油分を保つ働きを持つもの)を壊してしまう可能性があります。アルコールフリーの育毛剤なら皮膜を破壊したりすることはないため、肌が弱い人や安全性にこだわる人であれば、アルコールフリーの育毛剤を選びましょう。

アルコールは肌に対して刺激となるため、肌ダメージを与えないというのもメリットと言えます。特に敏感肌や乾燥肌などの刺激に弱い人には最適です。

アルコール無添加育毛剤のデメリット

デメリットとしては、アルコールは消毒や殺菌効果があるため、エタノールが入っていない育毛剤は変質しやすいということを挙げることができます。ただ、最近はエタノールなしでも変質しにくいように品質を保てる成分を配合している育毛剤も多いため、変質しやすいかどうかは育毛剤によると言えるでしょう。

また、アルコールには血管を拡張して有効成分を浸透しやすくしてくれる効果もあるため、アルコールが含まれていない育毛剤の場合、その他の配合成分に血管拡張効果がある成分が入っていないと有効成分であっても浸透しにくい場合も出て来てしまいそうです。

「低刺激」という謳い文句の商品でもアルコールが含まれていることがありますから、しっかりと商品の成分を確認するようにしましょう。