ホルモンバランス

女性の薄毛・抜け毛と整理不順には女性ホルモンが関係している

「最近ちょっと生理不順だわ・・」
多くの女性がそんな経験をお持ちのはず。

生理不順、実は女性の薄毛にも関係しているのはご存知ですか?
薄毛と生理不順はともに、共通の原因としてホルモンバランスの乱れが考えられるからです。

ここではホルモンバランスと薄毛の関係や、改善方法についてご紹介していきます。

薄毛と生理不順の共通原因はホルモンバランスの乱れ

人間の体はさまざまな種類のホルモンによって、働きがコントロールされています。

体の成長を促す成長ホルモンや、女性の乳腺や男性の精子形成に関与する性腺刺激ホルモン、血液中の糖分やミネラルを調節する副じん皮質ホルモンなど数多くのホルモンが体内で分泌されています。

ホルモンの中で男女の体つきや機能差を作り出す働きをもつのが「性ホルモン」です。

男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンが大量に分泌されはじめる思春期になると、外見的にも機能的にも性別差が大きくなるのはそのためです。

エストロゲンとプロゲステロンが生理不順や薄毛の原因に

女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」は、排卵や生理周期に関与しています。
エストロゲンは生理中から排卵までに、プロゲステロンは排卵後から生理前にかけて分泌が活性化するのですが、この2つの女性ホルモンが交互に増減することで生理が規則正しく起きるのです。

しかし何らかの影響でエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れると、生理周期も乱れてしまいます。
つまり生理不順はホルモンバランスの乱れの分かりやすいシグナルと言えるでしょう。

またエストロゲンには、肌にうるおいを与えたり髪の成長を促す作用も。
ホルモンバランスが乱れてエストロゲンが減少してしまうと、薄毛や抜け毛を引き起こす可能性があるわけです。

「生理不順」と「薄毛」は直接関係しているものではありませんが、どちらにも女性ホルモンのバランスが深く関わっているのです。

あなたが生理不順で悩んでいて、同時に抜け毛・薄毛も気になっているのであればホルモンバランスの乱れが原因かもしれませんよ?

その場合、女性ホルモンのバランスを整えてあげれば、生理不順と薄毛・抜け毛の両方を改善できるはずです。

女性のホルモンバランスが乱れやすいタイミング

女性ホルモン、特にエストロゲンとプロゲステロンの分泌バランスが崩れると、生理不順や抜け毛が引き起こされることはお分かりいただけたでしょうか?

女性にはホルモンバランスを乱しやすい時期とイベントがあります。
それが「出産」「更年期」です。

つまり出産や更年期のタイミングでホルモンバランスを乱して、薄毛に悩まされる女性が多いということが言えるでしょう。

産後、授乳中の生理不順と薄毛の関係

女性は妊娠すると、妊娠を維持する機能を高めるために女性ホルモン(エストロゲン)が大量に分泌され続けます。

エストロゲンには髪の毛を成長させる作用があるので妊娠中は抜け毛が減りますが、出産後にはエストロゲンの分泌が急減するため、妊娠によって維持されていた髪が一気に抜け落ちて抜け毛が増えるのです。

これが産後脱毛症(分娩後脱毛症)とよばれる症状のメカニズムです。

産後の抜け毛はだいたい2~3ヶ月頃から気になり始め、半年くらいをピークを迎えますが、症状が元の状態に戻るまでには約1年~1年半ほどかかる人が多いようです。
その間に新しい髪の成長が追い付かず、髪の毛が薄くなったと感じる人もいます。

また、産後の生理不順は、授乳時に盛んに分泌されるプロラクチンというホルモンによって、排卵が抑えられることが関係しています。

産後や授乳中のホルモンバランスの乱れは、ある程度しかたのないものですし、徐々に戻っていくものなので、かえってストレスにならないよう気にし過ぎないことも大切です。

ただし、もし産後1年や、断乳後3ヶ月を過ぎても生理が来なかったり、異常なほど髪が抜けたりした場合は、他の病気が隠れている可能性もあります。
そのようなときは、早めに婦人科や皮膚科などを受診するようにしてください。

更年期の生理不順と薄毛の関係

更年期とは、閉経とその前後5年間を合わせた約10年間のことを指します。
個人差はありますが、日本人女性はだいたい45~55歳あたりが更年期と言われています。

更年期に起こる心身のさまざまな不快症状のことを更年期障害といいますが、これは、卵巣機能の低下による女性ホルモンの減少に、体が追い付かないことが原因とされています。

生理不順や薄毛も更年期障害の症状のひとつです。
卵巣から分泌されるエストロゲンの量が減ることにより、それまでのように生理が来なくなったり、髪が成長できず薄毛になったりすると考えられます。

ホルモンバランスの乱れを整える方法

ホルモンバランスの乱れ、とくにエストロゲンの減少は食生活や生活習慣を見直すことである程度改善できる可能性があります。

日々の生活で簡単に取り入れられる方法を以下にまとめましたので、あまり難しく考えず、できることから始めてみましょう。

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをする

日本人の食卓に欠かせない食品である豆腐や納豆は、大豆を原料に作られる食品です。
その大豆製品に含まれる大豆イソフラボンという成分は、体内でエストロゲンと似た作用を持つと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

大豆イソフラボンは通常は糖が結合した構造をしていますが、糖がはずれた構造のものを大豆イソフラボンアグリコンといいます。
大豆イソフラボンアグリコンは、分子構造がヒトのエストロゲン(女性ホルモン)に似ているため、エストロゲンに似た作用を生じることが知られています。 エストロゲンは、第二次性徴の発現や月経周期の調節などの重要な働きを担っています。

厚生労働省のWEBサイトにも、大豆イソフラボンにはエストロゲンに似た作用があると記載されています。
ぜひ毎日の食卓に、豆腐や納豆といった大豆製品を取り入れるようにしましょう。

大豆イソフラボンの効果が得られない人もいる

ただし最近の研究では、大豆イソフラボンを摂取してもエストロゲンと同様の効果が得られない人もいることが分かってきました。

大豆イソフラボンを摂取すると、腸内細菌によってエクオールという物質が産み出されます。

エクオールは「スーパーイソフラボン」と呼ばれることもあるほど、エストロゲンと近い働きをする物質なのですが、日本人の中で大豆イソフラボンからエクオールを作り出せる腸内細菌を持っている人は約半数しかいないそうです。※1

※1参考:エクオールとは? | 浜松町ハマサイトクリニック

エクオールを生み出す腸内細菌を持たない人は、大豆製品を摂取してもエクオールを作り出せません。
最近はエクオールを直接摂取できるサプリメントも登場しているので、「積極的に大豆製品を食べているけれど、更年期の症状がよくならない」と悩んでいる場合は、エクオールサプリの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

生活環境を見直してホルモンバランスを整えましょう

過度なダイエットや偏った食生活、睡眠不足、運動不足などといった生活習慣の乱れは、人間の体のリズムをコントロールしている自律神経にストレスを与えます。

よく「ストレスで生理不順になる」と言われますが、自律神経と女性ホルモンは脳を通して連動しているため、自律神経がストレスを受けると女性ホルモンもバランスを崩してしまいます。

逆に言うと、生活習慣の乱れを整えれば、自律神経や女性ホルモンのバランスも改善するのです。
中でも、質の良い睡眠をとることは特に大切です。

自律神経やホルモンのバランスは眠っている間に正常にリセットされますし、髪も睡眠中に成長するのでできるだけ毎日決まった時間にぐっすり眠るようにしましょう。

生理不順が改善されても薄毛が治らない場合の対処法

ホルモンバランスの乱れからくる生理不順が収まっても、薄毛が改善しないということもありえます。
そのような場合はホルモン以外にも薄毛の原因が隠れていることも考えられるので、美容外科や美容皮膚科といった専門クリニックで診察を受けることをおすすめします。

受けられる治療は医師やクリニックによって異なりますが、代表的な薄毛の治療法としては次のようなものがあげられます。

  • ミノキシジルの塗布
  • パントガールの服用
  • プラセンタ治療

ミノキシジルの塗布

ミノキシジルは、2010年に日本皮膚科学会が発表したガイドラインにも記載されている、確実な育毛効果が実証された成分です。※2

男女ともに使用することができ、治療では塗り薬として使用されます。

※2参考:日本皮膚科学会ガイドライン – 男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

一般的には、まずはこのミノキシジルによる治療を10~12ヶ月ほど試して、様子を見ることが多いようです。

パントガールの服用

パントガールは、女性特有の「びまん性脱毛」に効果があるとされ、数多くの臨床データによって、その有効性が証明されています。

服用開始からだいたい6週間ほどで効果が現れ始め、3か月後にはほとんどの人に薄毛症状の改善や完治といった結果が現れています。※3

※3参考:パントガール|美容整形・美容外科の湘南美容クリニック

プラセンタ治療

プラセンタは美容成分として有名ですが、薄毛治療のためにも使われます。

プラセンタには頭皮の血行促進や抗炎症作用のほか、ホルモンバランスを整えたり、毛母細胞の増殖を促進したりといった効果が期待できます。

サプリメントとして摂取したり、筋肉や頭皮に直接注射したりといった方法で使われますが、個人差はあるものの、約3~4ヶ月ほどで効果が出始めるようです。※4

※4参考:椿クリニックオリジナル プラセンタ発毛治療

まとめ

生理不順と女性の薄毛や抜け毛には、ホルモンバランスの乱れという共通原因が考えられます。
ホルモンを整えるには、生活習慣を整えつつ、食事面では大豆イソフラボンを積極的に取り入れるのが効果的です。

ただし薄毛も生理不順もホルモン以外に様々な原因で起きることがあります。
素人考えで決めつけるのはリスクが高いので、おかしいな?と思ったら、まずは専門のクリニックを受診して医師の診察を受けることが大切です。