生えて驚く女性
薄毛に悩む女性をターゲットにした商品はどんどん増えています。ドラッグストアなどにも安い育毛剤が売られていますし、ネット上にも様々な商品が出回っています。こうなってくると、良く効く育毛剤と効かない育毛剤を見分けることが難しいんですよね。

効かない育毛剤は気休めでしかありません。高いお金を出すのに、効果もなく気休めだなんてばかばかしいことこの上ないですよね。そこで今回は、女性の薄毛に良く効く育毛剤と効かない育毛剤とを徹底比較していきます。

良く効く育毛剤とは?

信頼性の高いメーカーであること

ミューノアージュ

発毛促進剤&育毛剤セット
皮膚科医発 MUNOAGE

良く効く女性用育毛剤の最大の特徴は、信頼性の高いメーカーの製品であることです。具体的には、製薬会社や育毛サロン、皮膚科医が開発した女性用育毛剤です。大手であっても育毛に特化していない化粧品メーカーはおすすめしませんし、逆に世間的な認知度は低くても育毛に特化した研究グループ開発であれば効果が期待できます。

開発経緯の明らかな女性用育毛剤は信頼性が高いですし、「良く効く育毛剤」と評価もついてくるものです。できますよね。こうした商品は医薬品や医薬部外品になっていることも多く、成分や効能も信頼できます。

消費者目線であること

効かない女性用育毛剤と比較すると、良く効く育毛剤は試しやすく消費者に優しい傾向にあります。具体的には、初めて購入する際に試しやすい値段で提供されていたり、商品があわなかった際の返金サービスが整っている女性用育毛剤です。
 
効かない育毛剤は、初回安くても数回継続しないと解約できない定期コースであったり、高額にもかかわらず効かなくても返金ができなかったりと利益優先です。育毛剤はある程度の期間試さないと効くかどうか判断できませんから、多くの女性用育毛剤は定期コース制を取り入れています。問題なのは、いつでも解約できるか?安く試すことができたか?です。

返金サービスは効果がなければ返金ばかりで大赤字ですし、お試しで安く提供してもリピーターがつかなければこれまた大赤字です。要するに、いつでも解約できるお得な定期コースや返金サービスは、良く効くと自信があるメーカーにのみ成せる業ということです。

なんでもいいから売れれば良いというメーカーではなく、薄毛に悩む女性に寄り添った消費者目線のメーカーが自信を持って送り出している女性用育毛剤を選ぶことが大切です。

口コミで高く評価されていること

口コミ評価が高いのも良く効く育毛剤の特徴と言えます。公式ページの口コミは良く効くといった口コミしかないのは当然のことですから、アットコスメやAmazonなどの口コミ投稿を参考にしましょう。

評価が高くても口コミ投稿数が少ないと信憑性に欠けます。また、評価が高くて投稿数が多くても「爽快感があって気持ちいい」「効くと信じて使ってます」など、薄毛に悩む女性の評価ポイントとはズレがある場合もあります。薄毛に悩む女性が「良く効く」と評価しているか口コミを1ずつチェックすることで、効かない育毛剤を選ぶリスクを減らすことができます。

効かない育毛剤の特徴って?

手でバツ印を作る女性
効かない女性用育毛剤の特徴は、そのままですが「良く効く育毛剤の裏返し」です。具体的な例を上げてみます。

  • ドラッグストアの安価な育毛剤
  • 化粧品メーカーの薬用ではない育毛剤
  • 初回1万円以上で返金不可の育毛剤
  • 女性用ではない育毛剤

安い気休め育毛剤はNG

1,000円前後で良く効く育毛剤が作れたら誰も苦労しません。ドラッグストアに売られている安価な育毛剤は基本爽快感を得る気休めのスカルプケアと考えておきましょう。

こういった安い女性用育毛剤の多くは、有効成分を含まない化粧品であることが多くあります。有効成分を含む薬用(医薬部外品)であっても市販女性用育毛剤は返金できませんし、安価な刺激が強い添加物で薄毛が悪化しては元も子もありません。

ハイリスク育毛剤はNG

初回1万円以上で返金制度がない女性用育毛剤は、効かなかった時のことを考えるとリスクが高いのでおすすめしません。効かなくてもメーカーには利益になりますからメーカーは痛くも痒くもありません。痛いのは消費者のお財布だけ。初回安く試せる、または返金を受け付けている低リスクな女性用育毛剤を選びましょう。

男性用育毛剤はNG

女性の薄毛と男性の薄毛は原因も治療法も違います。ドラッグストアで目立つところに陳列されているのは男性用育毛剤ですから手を出しやすいのですが、強いスッキリ効果のメントールやアルコールが多く含まれているため薄毛が悪化してしまうこともありえます。女性の薄毛には女性用の育毛剤を。

効かない育毛剤を使うのは、お金・時間・労力の無駄遣いですよね。ただ、これはまだマシな方。最悪なのはカブレたり、地肌が荒れたりして薄毛が悪化してしまうことです。こうなると気休めどころか悪影響でしかありません。

良く効く女性用育毛剤を選ぶために、効く商品と効かない商品を比較し、違いを把握してリスク回避しましょう。