女性とすれ違った時にシャンプーのいい香りで思わず振り返る男性。これってヘアケア製品やシャンプーのCMの王道ですよね。このCMのイメージもあってか、女性の髪(頭)はいいにおいがするもの!ということが常識のように思われがちです。

しかし、実際は人知れず頭皮の臭いに悩んでいる女性は多いんです。私の勤務していたクリニックの患者様からも「毎日しっかりシャンプーしてるのに頭がくさいのはどうして?」といった質問をいただくこともありました。

なかなか他人には相談しにくいデリケートな頭皮の臭いの問題。臭いには理由があるんです!ここで原因と対策法をしっかりみていきましょう!

女性の頭皮は意外と臭う?

女性の頭皮は意外と臭う?
あなたはエレベーターや狭い個室などの密閉空間や電車の中などでモアっとした独特の頭皮の臭いを感じたことはありませんか?普段感じない頭皮の臭いって1度気づいてしまうととっても気になるんですよね。

ましてや家族や恋人、友人などに頭皮の臭いを指摘されてしまうととてもショックですよね。患者様からは「並んで歩けなくなってしまった」というお悩みを頂戴したこともあります。

手軽なシートタイプのデオドラント剤の普及もあって、体の汗のにおいの対処は簡単にできるけれど頭皮というとなかなか簡単にはできないもの。

ヘアコロンや香水でごまかそうとすると、頭皮のにおいと混ざり合ってくさい臭いを発して逆効果!ということもよくあります。

体質ももちろんありますが、生活習慣や日頃のヘアケアの方法の間違いが頭皮の臭いの原因になることもあるんですよ!頭皮の臭いの原因については後ほどしっかり書いていきますのでぜひお付き合いくださいね。

周りに気付かれてる?頭皮の臭いのセルフチェック方法

周りに気付かれてる?頭皮の臭いのセルフチェック方法
「わたしの頭皮ってくさいの?」と思った方、他人に聞くのは恥ずかしいから自分で確かめたい!って思いますよね。ですが自分の頭皮の臭いを嗅いでみようと思っても直接嗅ぐことは当然無理なので、以下の頭皮の臭いのセルフチェック方法を試してみてください。

頭皮の臭いのセルフチェック方法

  1. 手の指先で頭皮をマッサージするようにこすって臭いを嗅ぐ
  2. 枕や枕に巻いたタオル、長時間かぶった帽子の臭いを嗅ぐ
  3. ドライヤーや扇風機の風を後ろから浴びて臭いを確認する

1番簡単なのは①の方法です。チェック前に手を洗ってにおいを確認してからやってみてくださいね。

頭皮の臭いの正体は、実は毛穴から出る皮脂が酸化して発生する臭気物質なんです。そのためシャンプーの前後や日中の活動時など皮脂量によって臭いにも増減があります。ぜひ何回か違う日や時間にチェックしてみてください。

そしてこのチェックの中で1つでも臭いが気になったらあなたの頭皮の臭いは周りに気付かれている可能性があります。もちろん誰の頭皮にも多少の臭いはありますから過剰に敏感になる必要はありません。

しかしシャンプー後間もなくや、一定の温度下でほとんど動かずに過ごした後にチェックしてかなり油くささを感じる場合は頭皮の臭い対策をオススメします。

女性の頭皮トラブル!臭いの原因とは?

女性の頭皮トラブル!臭いの原因とは?

頭皮の臭い発生のメカニズム

そもそもなぜ腕などの皮膚はにおわないのに頭皮はにおってしまうのか?それは嫌な臭いは皮脂がもととなっており、頭皮の皮脂分泌量が体の他の部位より多いからなんです。

皮脂は分泌後除去されずに皮膚にとどまった場合時間とともに酸化していき、ヘキサテセン酸という脂肪酸の一種に変化します。そして皮膚の常在菌の働きにより分解される過程でノネナールという臭気成分が発生するのです。

このノネナールこそ、先ほども書いたように頭皮の臭いの正体!脂のようなモアッとした独特なくさい臭いになるのです。

頭皮の皮脂分泌量は体の他の部分に比べてずば抜けて多く、具体的には顔のTゾーンの約2倍(皮脂というとイメージされる代表ですよね)、腕や足の約16倍と言われています。

頭皮の臭いが発生しやすい条件とは?

ではすべての人の頭皮に臭いが発生するかというと、実はそうではありません。臭いの発生しやすい条件というものがあるんです。

  • 洗髪不足(3日に1回程度)や雑な洗髪による洗浄不足
  • 洗髪しすぎ(1日2回以上)や洗浄力の強いシャンプーの使用による過剰洗浄
  • シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがある
  • 洗髪後髪が濡れたままや生乾きの状態で放置している
  • 食生活や生活週間の影響で皮脂に老廃物が多く含まれている
  • 身体に活性酸素が充満している
  • 喫煙習慣がある
  • 生理前や更年期など女性ホルモンのバランスが不安定

いかがですか?頭皮の臭いの発生には様々な条件があることがおわかりいただけると思います。それぞれの条件がそのまま頭皮の臭いの原因になりますので、ここからさらにくわしく見ていきますね。

洗髪不足(3日に1回程度)や雑な洗髪による洗浄不足

洗髪のしすぎは乾燥の原因になるためオススメしませんが(くわしくは頭皮の乾燥徹底解説!をごらんください)、健康な頭皮の環境を維持するためには2日に1回は洗浄剤を使って洗髪することをオススメします。

洗浄が不足すると頭皮に分泌された皮脂が毛穴にこびりつき、頭皮トラブルになる雑菌の繁殖やフケの発生を促します。つまり皮脂の酸化の原因になるというわけです。

洗髪しすぎ(1日2回以上)や洗浄力の強いシャンプーの使用による過剰洗浄

過剰な洗浄は頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。頭皮は適度な皮脂がなくなるとさらに大量の皮脂を分泌して皮膚を保護しようとします。ただでさえ皮脂の分泌が多い頭皮、さらに増えたら臭いの原因になって当然ですね。

臭いが気になるからよかれと思ってやっていたことがかえって臭いやすい環境をつくっていた、ということもあるので当てはまる方はすぐに対策をとりましょう!

シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがある

毛穴にシャンプーなどのカスが詰まると、血行を悪くしたり雑菌を増やしたりと頭皮環境の悪化をまねく恐れがあります。頭皮環境の悪化は皮脂の酸化を促進させるため、頭皮の臭いの悪化につながると言えます。

洗髪後髪が濡れたままや生乾きの状態で放置している

洗濯物を乾かさずに放置すると生乾きのイヤ〜なにおいがしますよね?それは頭皮も同じことなんです。髪が生乾きや濡れた状態で体温が一定に保たれている頭皮の環境はまさに雑菌やカビの温床です!

雑菌やカビが増殖するとどんどん臭いがきつくなっていきます。さらにフケや皮膚の炎症といった頭皮トラブルの原因になることもあるため早めに改善したいものです。

食生活や生活週間の影響で皮脂に老廃物が多く含まれている

においに関係する皮脂の老廃物とは主にアンモニアや脂肪酸のことを指しますが、これらは生活習慣や食生活によって増えることがあります。睡眠不足やかたよった食生活(特にファストフードやインスタント食品、揚げ物や脂身の多い肉の摂りすぎ)が影響が多いと言えます。

身体に活性酸素が充満している

活性酸素とは、身体に入ってきたウイルスや細菌を攻撃する自己免疫機能の1つをになう物質です。活性酸素は毒性が強く過剰に増えると自分自身の細胞を攻撃し、様々な老化現象や健康への悪影響、さらに頭皮トラブルを引き起こしてしまいます。

過剰に増えた活性酸素は皮脂を酸化させ、におい成分のノネナールの発生を促してしまいます。活性酸素が過剰に増える原因は、インスタント食品やファストフードを中心とした偏った食生活やストレス、喫煙や紫外線などがあげられます。

喫煙習慣がある

煙草を吸う女性

喫煙による頭皮の臭いへの影響には、ニコチンそのものの臭いが皮脂に付き頭皮臭と混じって不快な臭いになることや、活性酸素を増やすこと、血管を収縮させ頭皮の代謝を悪くするなどの影響があります。

生理前や更年期など女性ホルモンのバランスが不安定

女性ホルモンのプロゲステロンには皮脂の分泌を促進する働きがあり、プロゲステロンが優位に立つ生理前や更年期にはこの働きによって皮脂の分泌が増えることから頭皮の臭いが発生しやすくなると言えます。

またホルモンバランスが乱れると肌の新陳代謝が悪くなるため、古くなった細胞や老廃物が体の外に排出されず、頭皮環境の悪化をまねき臭いの悪化につながります。

いかがですか?頭皮の臭いの発生条件は様々で、「毎日シャンプーしているのにどうして頭皮がくさいの?」と思っている方には少なからず当てはまる条件があるのではないでしょうか?

女性の抜け毛や薄毛とホルモンのバランスについては「ホルモンバランスと抜け毛の関係&薄毛改善方法」で詳しくご紹介しています。

自分でできる!頭皮の臭いの改善方法

自分でできる!頭皮の臭いの改善方法
頭皮の臭いを改善したい場合、ヘアコロンや香水をかけたりシャンプーを香りの強いものに変えるなど臭いをごまかすような行為はかえって臭いを増強するためオススメできません。

ではどうしたらよいかというと、ズバリ先ほど書いた臭い発生の条件を満たさないことが1番の改善方法です!ここからは具体的な実践方法を紹介しますのでぜひできることからはじめてみてくださいね。

シャンプー選びの見直し

シャンプーボトル

シャンプーに大切なのはブランド名でも香りでもなく、適度な洗浄力があり頭皮に余計な刺激がないことです。市販の安価なシャンプーや男性用は洗浄力が強すぎるためオススメできません。

頭皮の臭いが気になる方にオススメなのは、「天然アミノ酸系」や「天然ベタイン系」配合で「ノンシリコン」の製品です。

逆に注意して欲しいのは、合成界面活性剤の「硫酸」「ラウレル」「ラウリル」などが配合された製品です。これらは製品の裏の成分表示に記載されていますので、購入前にぜひチェックしてみてください。

シャンプーの詳しい選び方については「シャンプーの洗浄成分の種類と特徴」をご覧ください。

シャンプー(洗髪)方法の見直し

シャンプー中の画像

頭皮によい洗浄成分の入ったシャンプーを使えば解決!と安心してはいけません。
髪が正しく洗えていないとせっかく選んだシャンプーも十分に働いてはくれないのです。

シャンプー前のプラッシングや、洗う順序、泡立て方法などを見直してみましょう。
正しい髪の洗い方で頭スッキリ!間違ったシャンプーが頭皮トラブルの原因?!」では正しいシャンプーの方法を詳しく解説しています。

シャンプーと同様にドライヤーを使って髪を乾かす際にも、間違った方法では頭皮と髪にダメージを与えてしまいます。
正しい髪の乾かし方については「こちらも重要!正しい乾かし方」をご覧ください。

育毛剤の使用

頭皮の匂いのケアには育毛剤がおすすめ

少し意外かもしれませんが、頭皮の臭いが気になる方には育毛剤の使用がオススメです。女性向け育毛剤には保湿成分が含まれているものが多く、頭皮環境を整える働きが期待できます。

頭皮環境が整うことで過剰な皮脂分泌がおさえられ、臭いなどの頭皮トラブルを防ぐ効果が期待できると言えますね。

食生活を整える

皮脂の分泌を増やす食品を控える
チョコレート、ケーキといった甘いものや外食で手軽に食べやすいラーメン、パスタ、ピザも注意が必要です。また、お酒の席でおなじみのスナック菓子や揚げ物、ビールや女性に人気の甘いカクテルも注意!そのほかにもカフェインや香辛料などの刺激物や糖質、酸化した油などは皮脂の分泌量を増やすのでできるだけ避けましょう。

抗酸化作用のある食品を積極的に摂る

イチゴ

皮脂の酸化を防ぐためには抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEの摂取が効果的です。以下の食品をぜひ参考にしてください。

ビタミンC:果物(イチゴ、キウイ、レモン、オレンジ)や野菜(トマト、ブロッコリー、芽キャベツ、ほうれん草)など
ビタミンE:アーモンド、ごま、アボカド、たらこなど

インスタント食品、ファストフードを控える
インスタント食品やファストフードには大量の安価な油や添加物、保存料が使われており、老廃物がたまりやすく活性酸素を増やす原因のひとつになります。手軽で安価なのは魅力ですが、頭皮の臭いのためには避けるべき食品です。

タバコを控える

禁煙しましょう

頭皮の臭いにかぎらず喫煙には健康上さまざまなリスクがあると言われています。美容上も問題の多いタバコ、できることならすぐにでもやめたいですね。とはいえそう簡単にやめられないのもわかります。

ただし、喫煙している方には気にならない程度のタバコの臭いでも、タバコを吸わない人にはすぐにわかりますし、髪についた臭いも気になります。頭皮の臭いを気にする方ならぜひタバコの臭いにも気をつけたいですね。

ホルモンバランスを整える

女性ホルモンのバランスはとても乱れやすいのでいい状態を保つことはなかなか難しいですが、良質な睡眠や適度な運動がホルモンバランスを整えるのに効果があります。

睡眠の2時間前にはテレビやブルーライト(PCやスマホ)を避け、リラックスした状態で6~8時間眠れるといいですね。入浴後に30分程度ヨガやストレッチをすることもオススメです。

ホルモンバランスには食事も影響しますので3食バランスよく、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含む大豆製品を積極的に摂ることもいいでしょう。

イソフラボンの働きや、おすすめの食べ物などについては「イソフラボンと女性の髪の毛の関係!薄毛対策に豆乳やサプリは効果ある?」をご覧ください。

頭皮の臭いと気になる病気

頭皮の臭いと気になる病気
頭皮の臭いの改善のためにいろいろやってみたけれど、あまり改善が見られないという方、もしかしたら病気が隠れているせいかもしれません。ここでは頭皮の臭いと関係する病気を紹介します。

もしかしたら?とあてはまる方は気になるようでしたら一度皮膚科を受診してみてくださいね。

脂漏性皮膚炎

読んで字のごとく、脂が漏れて皮膚が炎症を起こした状態です。フケのように皮膚が細かく大量に剥がれる状態が特徴で、かゆみをともなうことが多く放置した場合油くさい臭いが発生することが多いです。

原因はマラセチア菌という皮膚常在菌の異常増殖によるもので、ストレスや食生活により皮脂が増えることが影響します。

治療は副腎皮質ホルモンローションや抗真菌剤の塗布が一般的で、セルフケアとしては抗真菌成分の入ったシャンプーの使用などがありますが、使用については医師に確認することをオススメします。

まとめ

女性の頭皮の臭いにはさまざまな原因がありますが、大切なのは「なぜ頭皮がくさいのか?」を知ることです。ご自身の頭皮を1度じっくり注意してみてあげてくださいね。

自分では原因が全くわからない!という場合は皮膚科や美容院でプロに相談することもオススメします。必ずあなたに必要なアドバイスがもらえるはずです。

女性の頭皮の臭いは病的なもの以外はシャンプーや生活習慣の見直しで改善されることが多いと言われています。ぜひ正しいケアを続けて頭皮環境をととのえていきましょう。