頭皮環境

女性のフケ改善

頭皮のフケが気になる

「フケ」と聞いたとき、清潔なイメージはあまり思い浮かばないですよね?
私の勤務していた皮膚科でも「恥ずかしくて相談できない」「黒い服を着るとフケが目立ってしまうから着られない」といったお悩みをたくさんいただきました。

見た目にも影響する「フケ」実は見た目の問題だけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなることもあるんです!
ここでは人知れず悩みの多い頭皮トラブルの「フケ」について徹底解説します。

気になるフケ!まずはセルフチェック

まずはセルフチェックしてフケを確認してみましょう
「フケ」とひとことで言っても、実はフケには「脂性フケ」と「乾性フケ」の2種類があります。
フケの種類によって原因や改善方法が変わってきますので、それぞれの特徴をチェックしてみましょう。

脂性フケの特徴

  • 頭皮が黄色っぽくベタついている
  • かたまりのような大きめのフケがでる
  • ブラシやクシを使うときにフケが付着する
  • 頭皮やフケが脂っぽい臭いがする

乾性フケの特徴

  • 頭皮が乾燥して白っぽい
  • 白い粉状の細かいフケがでる
  • 肩の上に散らばって付着している

そもそもフケって何?多いと異常なの?

そもそもフケって何?多いと異常なの?
フケとは「頭垢」「雲脂」と表記されることもあり、頭皮の新陳代謝により角質細胞がはがれおちたものでうろこ状の老廃物です。
いわゆる「垢」にあたり、発生自体は病気ではなく健康な証拠でもあります。

ただし、服に多量にフケが付着する場合や髪を軽く振る程度でフケが多量に落ちてくるような場合はなんらかの頭皮トラブルが起きていると考えていいでしょう。

また頭皮の炎症によりかさぶたが出来た場合や、アトピー性皮膚炎などの病気によっても多量のフケがでることがあります。
この場合は通常のフケとはケアが異なるため注意が必要です。

女性の頭皮のフケの原因とは?

女性の頭皮のフケの原因とは?
皮膚科勤務していたとき「フケが気になってしっかりケアしているのに改善しない」「フケ対策を始めたら頭皮トラブルが悪化した」といったご相談を受けることがありました。
このサイトをご覧の方にも同じようなお悩みがあるかもしれません。

というのもフケには種類があるため、それぞれのフケに適したケアをしないと逆効果になり頭皮環境が悪化することがあるんです。

効果的なフケ改善ケアのためにそれぞれのフケの原因をしっかり見ていきましょう。

女性の脂性フケの原因

  • 皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌

頭皮の皮脂は皮膚の保護のために必要ですが、分泌が過剰になると不要な皮脂が頭皮の角質細胞と混ざりあい脂性フケが発生します。

皮脂の過剰分泌の主な原因

  1. 過度な洗髪や洗浄力の強いシャンプーの使用
  2. シャンプー方法の間違い
  3. 食生活の乱れ
  4. 生活習慣の乱れやストレスによるホルモンの乱れ

女性の乾性フケの原因

  • 頭皮の乾燥
  • シャンプー、パーマ、カラー剤などによる刺激

頭皮の乾燥

乾燥がフケの原因のひとつ

頭皮が乾燥して角質がはがれ落ちたものが白い粉状の乾性フケです。
多少の乾性フケは異常ではありませんが、頭皮の乾燥が過剰な場合大量に発生します。

頭皮の異常乾燥の主な原因

  1. 過剰な洗髪や洗浄力の強いシャンプーの使用
  2. 秋〜冬にかけての空気の乾燥
  3. 加齢による水分不足
  4. ダイエットなどによる栄養不足
  5. ストレスや睡眠不足などによる血行不良
頭皮の異常乾燥とは?

くわしくは「 女性の頭皮の乾燥・頭皮トラブルの原因と改善法」をごらんください。

シャンプー、パーマ、カラー剤などによる刺激

敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質の方に多くみられるのがシャンプー、パーマ、カラー剤などによる刺激による乾性フケです。
刺激を受けることではかゆみが出やすくなるため、かくことで乾性フケの発生が増える傾向があります。

女性の場合は生理前後や乾燥する冬、紫外線を多く浴びた後などは体質に問題がなくても頭皮がデリケートになりやすいため、普段使用しても平気なシャンプーやカラー剤などでも刺激になる場合があります。

フケが気になったらシャンプーを見直しましょう

フケが気になったらシャンプーを見直しましょう
フケにはそれぞれ原因がありますが、なかでも「乾性フケ」と「脂性フケ」の原因に共通してみられるのが「過剰な洗髪や洗浄力の強いシャンプーの使用」です。

まずはこの過剰な洗髪や洗浄力の強いシャンプーの使用についてしっかり見直して改善していきましょう!

頭皮トラブルを避ける正しい洗髪回数とは?

乾性フケも脂性フケも原因は皮脂の取り除きすぎがあげられます。そのためフケ予防に適した洗髪回数は「1日1回」です。

頭皮の表面には皮膚を保護するために皮脂膜という皮脂でできたバリアがありますが、シャンプー剤を使った洗髪で皮脂膜は洗い流されてしまいます。このバリアの回復には24時間かかると言われているため、1日1回以上の洗髪は乾燥の原因になってしまうのです。

真夏やスポーツの後など汗を大量にかいた後はシャンプーしたくなる気持ちはよくわかります。そんな時はシャンプーを使わずにぬるま湯のみで洗うことをオススメします。しっかり乾かすケアをお忘れなく!

フケ予防に選ぶべきシャンプーとは?

頭皮の乾燥をまねくおそれのある洗浄力の強いシャンプーとはどんなものかと言いますと、ズバリ「石油系合成界面活性剤」を使用しているシャンプーです。反対にマイルドな洗浄力で肌に優しいシャンプーは「アミノ酸系シャンプー」です。

シャンプーの洗浄成分の種類と特徴とは?

くわしくは「シャンプーの洗浄成分の種類と特徴」をごらんください。

フケが気になる場合のシャンプーでは特に「指の腹で優しくマッサージするように洗う」ことと「すすぎをしっかり念入りに行う」ことを大切にしてください。

頭皮に傷をつけることを防ぎ、シャンプー剤や汚れを頭皮に残さないことで炎症を防ぐ効果が期待できますよ。マッサージは育毛にも効果的ですのでぜひ取り入れたいケアですね!

正しいシャンプー方法とは?

くわしくは「正しい髪の洗い方で頭スッキリ!間違ったシャンプーが頭皮トラブルの原因?!」をごらんください。

女性のためのフケ対策法とは?

女性のためのフケ対策法とは?
シャンプーも変えたし方法も回数も見直したのにフケがおさまらない!という方はこちらをご覧ください。頭皮環境の改善のみでなく、体の内側からもしっかりアプローチしてケアしていきましょう。

  • 洗髪後の乾かし方の見直し
  • 頭皮の保湿
  • 育毛剤の使用
  • 食生活の見直し
  • ホルモンバランスを整える

洗髪後の乾かし方の見直し

乾かし方も見直しを

意外と見落としがちなのが髪の乾かし方。適当に乾かしていると頭皮の乾燥をまねき、ダメージを与えるおそれがあります。

正しい乾かし方とは?

くわしくは「こちらも重要!正しい乾かし方」をごらんください。

頭皮の保湿

頭皮も顔のスキンケアと同じように、乾燥しているときは保湿が必要です。乾性フケはもちろんですが、実は脂性フケの場合も保湿は有効なんです。

脂性フケには保湿はいらないと思われるかもしれませんが、脂性フケの原因である皮脂の過剰分泌は実は頭皮の過乾燥を補うため、ということもあるんです。
きちんと保湿し頭皮環境を整えて、皮脂のコントロールをしていきましょう。

保湿剤は頭皮用のものがベストですが、ベビーオイルなどの純粋に保湿目的のものはOKです。女性用育毛剤にも保湿成分が多く含まれているものが多いためオススメです。

育毛剤の使用

フケのケアには育毛剤もおすすめ

女性用の育毛剤には、先ほど書いたように保湿成分を始め、抗炎症作用や血行促進作用の入っているものが多くあります。これらの作用はフケ対策にはバッチリ!ぜひオススメしたいです。

抜け毛や薄毛を予防し育毛しながらフケも改善できたら一石二鳥どころか一石四鳥くらいのお得感ですよね!

オススメの女性用育毛剤とは?

くわしくは「当サイトオススメの育毛剤はコレ!」をごらんください。

食生活の見直し

頭皮環境を健康にするにはフルーツもおすすめ

フケのみでなく頭皮トラブルの改善には食生活も重要です。頭皮環境を健康に保つにはビタミンC、B、Aを積極的に摂りましょう。頭皮の血行をよくすることで新陳代謝をうながします。

ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜やイチゴやレモンなどのフルーツが特にオススメです。逆に控えたいのは揚げ物やインスタント食品です。油分のとりすぎや食品添加物などの化学物質の摂取は脂性フケの原因になりえます。

ホルモンバランスを整える

女性のホルモンバランスは生理周期や精神的なことで乱れやすいため、ストレスの影響も大きく作用してしまいます。ストレス過多は頭皮環境にとどまらず体全体の不調をまねきます。

逆にホルモンバランスが整っていると、血行が良くターンオーバーも正常に行われ乾燥知らずの頭皮の状態を保てます。

早寝早起きも大事

ホルモンバランスを整えるには生活習慣を整えることもたいせつです。早寝早起きで体内時計を毎朝リセットすることは自律神経の働きをよくします。そのためには適度な運動も大切ですね。ストレッチやヨガなど簡単なものがオススメですよ。

まとめ

いかがでしたか?フケがあると人目が気になりゆううつになってしまいますよね。でもフケ自体は悪いものではありません。多かれ少なかれ必ず出るものですから上手にコントロールできるといいですね。

ここに書いた改善方法はあくまでフケを出にくくしたり出すぎを防ぐためのものですので、完全にフケがなくなるものではないことをご理解くださいね。

ご自身に当てはまる部分をできることから少しずつ続けることが大切です。フケ対策自体がストレスにならないよう息を抜きながらやっていけるといいですね。