女性育毛剤の選び方

女性用育毛剤の選び方

女性用育毛剤を選ぶなら薬用育毛剤がおすすめ!

日本で発売中の育毛剤は大きく分けて、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」という3つのカテゴリーに分類できます。
それぞれの特徴について簡単に紹介していきますね。

医薬品の育毛剤とは?

病気の治療・予防への有効性や安全性が国に承認されている薬を医薬品と呼びます。

医薬品の育毛剤には効果・効能として「発毛」と謳うことがことが認められています。
国内で一般用医薬品として発売中の育毛剤には「リアップ(女性用はリアップリジェンヌ)」(有効成分:ミノキシジル)などがあります。

第1種医薬品育毛剤

ミノキシジルには直接的な「発毛」効果が認められていますが、妊娠中・授乳中の方や血圧に問題がある人は副作用の恐れがあるため、使用できないことも知っておきましょう。

ミノキシジルの副作用とは

育毛剤にの副作用については「女性用育毛剤の副作用」をごらんください。

医薬部外品の育毛剤とは?

医薬品に比べて作用や副作用が緩やかですが厚生労働省に効果が承認されている有効成分が一定量配合されているものを医薬部外品と呼びます。

医薬部外品の育毛剤には育毛や養毛、毛生促進・発毛促進、ふけ、かゆみ、脱毛の予防といった効果・効能が認められています。

「発毛」効果はなくても、抜け毛を減らしたり頭皮環境を整えることで”発毛を促進して”育毛し、薄毛の改善が期待できるということです。

医薬部外品、薬用と記載のある育毛剤

医薬部外品は【薬用】と表記されることが認められているので、「薬用育毛剤」と「医薬部外品の育毛剤」は同じものということになります。

化粧品の育毛剤とは?

化粧品は「主に体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもの」と定められています。

つまり医薬品のような発毛効果や、医薬部外品のような育毛・養毛効果、脱毛予防効果、発毛促進効果はないので、薄毛や頭皮のケアには不向きです。

化粧品はあくまで化粧品。育毛に取り組む方が積極的に選ぶ理由はないわけです。

育毛に取り組むなら医薬部外品の育毛剤を選びましょう

育毛剤の分類について簡単に解説しましたが、気軽に購入でき、効果にも期待できそうな医薬部外品の育毛剤ははじめての育毛におすすめと言えるでしょう。

医薬部外品には必ず製品のパッケージのどこかに「医薬部外品」や「薬用」と記載されています。
気になる育毛剤が医薬部外品かどうかチェックしてみましょう。

薬用育毛剤に配合されている有効成分について

髪が生える(伸びる)メカニズムを簡単に解説すると次のようになります。

髪が生える(伸びる)メカニズム
  1. 酸素やアミノ酸などの栄養が毛細血管から毛乳頭に送られる
  2. 毛乳頭がその栄養を毛母細胞に届ける
  3. 酸素や栄養素を使って毛母細胞が細胞分裂を起こし、髪の細胞を生み出す
毛乳頭や毛母細胞

このメカニズムを正常に働かせるために重要なのが、次の3つのポイントです。

頭皮の環境を整える」
「栄養を届ける(血行を滞らせない)」
「毛母細胞を活性化させる」

薬用育毛剤に配合されている有効成分とはまさに、これらに有効性を持つ成分のことなんです。

薬用育毛剤の有効成分

医薬部外品の有効成分として認められているものには、次のような成分があります。

薬用育毛剤の有効成分

  • ・センブリエキス
  • ・グリチルリチン酸2K
  • ・酢酸トコフェロール
  • ・ニコチン酸アミド
  • ・6-ベンジルアミノプリン
  • ・ヒノキチオール
  • ・パントテニルエチルエーテル
  • ・ピロクトンオラミン
  • ・ジフェンヒドラミンHC など

女性用の育毛剤を選ぶ際には、上記の有効成分が配合された薬用育毛剤を選ぶようにしましょう。

それぞれの有効成分の詳細をくわしく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

育毛剤の使用に注意が必要な女性とは?

薄毛や抜け毛をケアする有効成分が入っている女性用の育毛剤ですが、誰でもいつでも使用可能というわけではありません。

授乳中の赤ちゃん

次のような方は育毛剤の使用に注意が必要です

育毛剤の使用に注意が必要な方
  • 妊娠・授乳中の人
  • ヘアカラーをしたばかりの人
  • 高血圧など血圧に問題のある人

まず妊娠中や授乳中には絶対使用してはいけないのが、ミノキシジルが入った育毛剤です。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬で、高血圧症の治療に使われる中で偶然発毛効果が発見され、育毛剤にも使われるようになった成分です。

そのため血圧に影響を及ぼす副作用の可能性が考えられます。

ミノキシジルは摂取した方の母乳に混じる(移行する)こともわかっていますから、授乳中の乳児がいるお母さんは絶対に使用を避けましょう。

妊娠中や授乳中でも安心して使える育毛剤

薬用育毛剤(医薬部外品)は副作用の可能性も低く、妊娠中、授乳中でも使用可能とされています。
ただし「使用は可能=絶対安全」というわけではない点には注意が必要です。

頭皮との相性が合わずにかぶれや湿疹ができたり、化学添加物が入った育毛剤では胎児や乳児への悪影響が絶対ないとは言い切れないからです。

やはり妊娠中や授乳している女性は、「妊娠中や授乳中でも安心して使用できる」と明記された無添加育毛剤を選びたいものです。

妊娠中・授乳中でも安心して使える無添加育毛剤については、こちらの記事でくわしく紹介しています。

髪を頻繁に染めるならアルコールフリーの育毛剤がおすすめ

育毛剤が使えないという意味ではありませんが、髪を染めたばかりの方は育毛剤の使用を控えることをおすすめします。

育毛剤に配合されているアルコールが、色落ちの原因になる場合があるからです。

ヘアカラー

でも育毛剤は毎日使ってこそ効果が期待できるものだし、毎日使い続けたい!
そんな時はアルコールフリーの育毛剤がおすすめです。

アルコール無添加だからヘアカラーの色落ちを気にせず使用できますし、低刺激なので敏感肌気味の方にもおすすめです。
アルコールフリーの女性用育毛剤についてくわしくはこちらの記事で紹介しています。

血圧に問題をかかえる人はミノキシジルに要注意

血圧計

前述したようにミノキシジルはもともと高血圧の治療薬です。

血圧に重大な影響を及ぼす可能性があるので、高血圧や低血圧の方はミノキシジル配合の育毛剤を使用する場合、医師や薬剤師に相談してからにしてください。

薬用育毛剤(医薬部外品の育毛剤)の選び方

ここまで読み進めてくださった方は、育毛剤は医薬部外品から選べばいいことをお分かりいただけたと思います。
でも実は、医薬部外品の育毛剤(薬用育毛剤)と言っても、たくさんの製品が発売されています。

女性用の薬用育毛剤って何十種類もあるの?その中から自分に合った薬用育毛剤を選ぶなんて無理・・・!

そんなふうに育毛剤選びに迷ったら、以下の2つのポイントをまずチェックしてみましょう。

育毛剤選び 2つのポイント
  • 自分の薄毛のタイプを知り、特徴やケア方法を理解する
  • 育毛剤選びの重要5項目をクリアした薬用育毛剤を選ぶ

女性によく見られる薄毛、抜け毛の6つのタイプ

女性の抜け毛や薄毛の悩みは、原因や症状によって次の6タイプに分けられます。
あなたのお悩みはどのタイプでしょうか?

抜け毛にお悩みの方は、ご自分の症状がどのタイプに当てはまるかを確認してみましょう。

タイプ1.びまん性脱毛症

脱毛部分の境界がはっきりせず、徐々に頭髪全体が薄くなっていく脱毛症。

タイプ2.けん引性脱毛症

髪をきつくしばることで頭皮の同じ箇所に長期負担がかかり起こる脱毛症。

タイプ3.脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり、頭皮に炎症が生じることで起こる脱毛症。

タイプ3.脂漏性脱毛症

皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり、頭皮に炎症が生じることで起こる脱毛症。

タイプ5.分娩後(産後)脱毛症

出産後のホルモンバランスの変化で、髪が一斉に休止期に入り起こる脱毛症。

タイプ6.円形脱毛症

自分の毛根を敵と勘違いし、リンパ球が毛根を攻撃することで起こる脱毛症。

育毛剤選びの重要5項目を意識して育毛剤を選びましょう

ご自分の薄毛・抜け毛のタイプと特徴が分かったら、下記5つのポイントを意識したうえで、自分の薄毛タイプやお悩みに適した薬用育毛剤を選ぶと良いですよ。

育毛剤選びの重要5項目
  1. 薬用育毛剤か?
  2. 女性用に開発された育毛剤か?
  3. 有効成分が毛穴の奥まで浸透しやすいか?
  4. 肌への刺激を極力抑えた無添加の育毛剤か?
  5. 続けやすい価格か?返金制度はあるか?

薬用育毛剤から選ぶ

上でも説明した通り、育毛剤は「医薬部外品(薬用)」「医薬品」「化粧品」に分類される商品が発売されていますが、おすすめは「医薬部外品」の育毛剤です。

女性用の育毛剤を選ぶ

薄毛の原因は男女で大きく異なります。
男性用の育毛剤は男性に多いAGA(男性型脱毛症)に効くように製造されているため、女性の薄毛には効果は期待できません。

また女性にとって副作用のリスクが高い成分が入っている場合もあるので、男性用育毛剤を使うのはやめて、必ず女性用の育毛剤を使うようにしてください。

有効成分が毛穴の奥に浸透しやすい製品を選ぶ

薬用育毛剤には発毛促進や育毛、脱毛予防に有効な成分が配合されていますが、有効成分を頭皮表面に塗るだけでは薄毛の改善には役立ちません。

頭皮の血行促進や毛乳頭(毛の根元部分にあり、毛細血管から受け取った酸素や栄養を毛を生み出す毛母細胞に受け渡す大切な部位)の活性化にアプローチできる、毛穴の奥まで浸透しやすい育毛剤を選びましょう。

余計な添加物を配合していない無添加育毛剤を選ぶ

薄毛や抜け毛にお悩みの女性なら、頭皮が健康な状態ということはまずありません。
乾燥していたり炎症を起こしていたりと、頭皮の状態は悪い場合の方が多いはず。

そんな頭皮に使用する育毛剤は、余計な添加物を配合していない無添加育毛剤が安心ですね。

育毛剤に含まれる添加物とは?

安全な育毛剤については「無添加の女性用育毛剤は安全?オーガニック育毛剤との違い」をごらんください。

長期間続けられる、無理のない価格か?

育毛剤は短くても半年間は使い続ける必要があります。
育毛剤の効果が得られたとしても、それが目に見えてハッキリするのには時間がかかるからです。

そのため使い始めるなら長期間無理なく続けられる価格の商品を選ぶことが大切です。
肌に合わない場合などは使用後でも返金してもらえる製品もありますので、価格とともにチェックしてみましょう。

健康な髪をつくるには頭皮の環境を整えるのが大事

まずはじめに、髪が作られる仕組みと頭皮環境が毛髪に与える影響についておさらいしておきましょう。
毛乳頭や毛母細胞
髪の毛の根元には、毛細血管から酸素や栄養を受け取る毛乳頭とよばれる部位がありますが、その毛乳頭にある毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで新しい毛が作られ、髪は成長していきます。

しかし何らかの原因で頭皮の血行が悪くなると、毛乳頭が受け取る酸素や栄養が不足するため毛母細胞の細胞分裂が不全となり、薄毛や抜け毛の一因に。

つまり健康な髪を生み育てるには頭皮の環境を整えて血行を促進し、毛母細胞に酸素や栄養を届けて細胞分裂を活性化させることが重要なのです。

頭皮環境を整えるには規則正しい生活と育毛剤が有効

頭皮環境を整えるには、栄養バランスのとれた食事を摂り、十分な睡眠を心がけましょう。
規則正しく毎日を過ごすことこそ、育毛ケアのもっとも大切な要素です。

その上で、より積極的な育毛ケアに取り組みたいなら、育毛剤を使用した頭皮ケアがおすすめです。
特に育毛促進に有効な成分を配合した薬用育毛剤がおすすめです。

育毛剤でケアすることで頭皮や髪にも変化や効果がみられるようになります。

育毛剤の効果とは?

詳しくは「女性用育毛剤の効果 | 実感までの時間はどれくらい?」をごらんください。

女性の薄毛を引き起こす原因はさまざま

薄毛が引き起こされる原因には、冷え(冷え薄毛)や、頭皮の栄養不足(栄養不足薄毛)など様々なものがあります。
ここでは特徴的な薄毛の原因をいくつか紹介します。

冷えによる薄毛

冷えによる薄毛
血行不良によって頭皮環境が悪化してしまうのが原因です。血行促進成分を配合の育毛剤がおすすめです。

栄養不足による薄毛

栄養不足による薄毛
栄養不足が原因です。育毛サプリで栄養を補うなど、頭皮に栄養を届けられるアイテムがおすすめです。

生まれつきの薄毛

生まれつきの薄毛
髪が細く柔らかい女性には、コシのある髪に導いてくれる育毛剤やアミノ酸シャンプーがおすすめです。